2007年09月30日

地域リハ研修会シンポジストしました。

9月29日(土)、釧路市内で地域リハの研修会がありました。
なんと、そこでシンポジストをしてしまいましたぁ

自分から「パワーポイントで発表します。」と宣言しつつも
なんとソフトのインストールから始める体たらく。
いつものごとくのぎりぎりの資料作成。

今回のシンポジストは歯科医、MSW、Nrs、PTと様々な
立場からの支援状況の発表で
テーマは「在宅を支えるえっとワーク作りを目指して」
企画段階から関わりましたがなんとまとまりにくいテーマか、、

僕は、ここの開設依頼からずっと関わっている患者様を紹介しました。(関わりはもう7年になろうとしています。)
病院リハビリに日数制限がつくようになって早1年半。

でも、7年間でどんどん環境と体が変化する中でハードとソフト両面にして対応していった内容を報告しました。(時代に逆らうかのように)

けっこうコーディネータや会場からも質問があり、関心の高さが伺えました。

釧路市内の先輩OTからのしつもんが印象に残ったので、、、

急性期の病院に20年近く勤務しているけれど、どんどん患者の在院日数は短くなっている。この状況下で7年も関わって変化を追っていった貴方がうらやましい。自分も含めて急性期病院でリハして退院していった患者さんがその後どうなっていくのかを知りたい。自分のリハビリが適切だったのかどうかフィードバックできないか?
という内容でした。

確かに僕は本当によい経験をさせて貰っています。急性期の病院にもいたので、今、身をもってその後に患者がどうなっていくかを見せられるのです。

質問で印象に残ったのは、
OTの先生は子持ちの主婦なんですが、、、

患者様の退院の時、退院時の状況で、「今」介護力は大丈夫、なんて判断してしまって送り出しているけれど、今回発表したようなケースだと、日中いてみてくれていた孫が、中高生になり帰りが遅くなる。
主介護者も大きくなる子供のために働かざるを得なくなる。
(高校以上の子供はホントに金がかかるんです。)
そうやって環境もドンドン変わっていくんだって実感されたそうなんです。(自分もその立場にあるから余計にそうなんだと思います。)

そんなことがなかなか急性期病院にいるだけでは見えないというんです。ましてや在院日数がどんどん短くなる今の病院しか見ていない
新人のセラピストがどんどん入ってくる。
見えない人は増える一方。

一言言われました。
「貴方が伝えてあげて」




....はい、わかりました。
いつの間にか自分はとてもいい経験をさせて貰っていたんだって
気づきました。
そして、今、自分は伝える立場に向かっているんだって「気づき」ました。

後半は、連携がうまくいっているパターンを検証しました。
なんとなく「見えました」

まず、小さなとっかかりからでも出発できると言うこと。
「口腔ケア」からでも歯科医、STの関わりから、施設、ヘルパーさん
家族とどんどんネットワークは広がります。(その実例を見せていただきました)

それから、フットワークは軽く。
仕事は「5時まで」では絶対うまくいきません。
その枠を自分で「取っ払え!」
考えるより動くやつがイチバン使える!のです。

会議だけでなく、飲食もともにしてつきあおう!
みんなどの専門職がどんな得意があるか知らない、
とにかくその人と実際にあってそして理解し合うのが大切。

いま、こんなブログを通しても相談できる仲間ができつつあります。
ネットワーク、どんなところからでも広げられそうです。

やっぱり人間を見るのだから

人間と人間のつきあいが大切なんです。


ラベル:地域リハ PT OT
posted by ぷーーさん at 23:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

今日は筋子作りに挑戦!

この前釣ってきた鮭!
2匹を開いたら二匹とも雌でした。
小さい方の腹子はまだ未成熟な卵子ですね。(メジカです。)
namasujiko.JPG

未熟な方は、いくらにするのはとうてい無理!
面倒くさいので両方筋子に挑戦!

1.まず、筋子を良くあらい水を切ります。
2.そして飽和食塩水(24%位)に15〜30分浸けます。
  (それ以上だとかなり塩辛いそうです。)
3.食塩水から出して、タッパーなどにさらしかクッキングシート
  を敷いて一晩冷蔵庫へ、
4.さらに熟成させたい人は、筋子と同重量の重しを落としぶたの
  上から乗せて、さらに1週間ほど冷蔵するそうです。
5.僕はちょうど大きめの一夜漬け用のねじ付きの容器があったので
  それで寝かせました。

これができあがり写真。
sujiko.JPG

筋があるので気持ち悪がる人も多いけど、
おにぎりに入れると最高にウマイよねー!
いくらよりも筋子握りの方が絶対ウマイです。
ラベル:料理 筋子
posted by ぷーーさん at 19:13| Comment(8) | TrackBack(2) | 食べ物 グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

みんな、やれることから取り組もう!

きのうの夜7時頃の話、

ぼくは、釣りの帰りで、とばして帰路に向かっていました。
すると、暗闇の中、対向車がパッシング。
とばしすぎてたなあ、と反省。

すると1キロくらい走ると、
路肩に電気の消えた軽自動車が1台。
どうやら人も乗っている。
急いでいたけれど、さっきパッシングされたことではっとしたのでした。

早速戻って、声をかけました。
見ると60代くらいの夫婦二人でした。
聞くと、走っている途中「鹿」に遭遇し、ぶつかってしまったとのこと。
けがはしなかったが、車は動かない、と
確かに見ると、運転席側のフロントガラスと、ボンネットがつぶれている。何か液も漏れている。
「誰かと連絡は取れましたか」
と聞くと、妹にいま連絡したところ。だという

「でも、車をこんなところにおけいておけないし、連休中で最寄りの修理工場も休みのようだ」

考えました。何かできることはないかなあ、と
僕も良く通る道なので、300メートル先にパーキングがあるの思い出しました。
それで、そこまで牽引ロープで引くことにしました。

さすがにこの時期、夜は10度以下に下がるようになりました。
そして、山林の人気のない場所で、連絡は取れたとはいえたった二人で取り残されていたと思うと、さぞ切なかったと思います。
僕は、申し訳ないほど少しのお手伝いしかできませんでした。

「車を安全なところに移動すること」

そういえば、教習所で習ったっけなあ。
あと、パーキングには街灯があったので、明かりも確保されました。
あとは、「妹さん早く来てあげて」と告げながら、夫婦と別れました。

どんなに急いでいても、心のゆとりは欲しいですね。
ほんと、パッシングではっとさせられて良かった。
で、思ったこと。

みんな!、やれることから取り組もうよ手(パー)
posted by ぷーーさん at 11:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

医療職の落とし穴

きょう、ウチに来ているPTの実習生と話した内容です。

「君は患者のためではなくセラピスト(術者)自身のためのリハビリをしていないか?」

これは、私も含め多くの人が行っている、「過ち」です。
たしかに、リハビリテーションの発展史の中で、学問的に追究されたのは、

「身体能力をいかに正常に近づけるか」

でした。
でも、現在のPTの考えは変わりつつあります。
それにはもちろん医療モデルICIDHの考え方から
社会モデルICFに考えが移っていったのもあるでしょう。
また、介護保険の開始により、リハビリテーションがいままでよりも
より、福祉の方に接近していったこともあるでしょう。

皆さんは知らなかったかもしれませんが、あきらかに
「医療」と「福祉」には見えない壁があります。
さらには、予防医学を受け持つ「公衆衛生」と「医療」との間にも「壁」があります。

これは僕PT14年間のうちの7年を病院で過ごし、そして現在、介護保険における「訪問リハ」、そして町の事業である「健康推進事業」に
関わるようになって実感した世界です。

本当は、「公衆衛生」「医療」「福祉」が一元化されて、情報を共有し、「絶え間なく」地域の住民をサポートしていく形が理想でしょう。

ところが、たとえば病院ですと、「病院に再来する人」でなければ、
その人の姿を追えないんです。ほんとうは、その前も、その後もフォローできる体制が望ましいと思います。

それは置いておいて、、、、

「君は患者のためではなくセラピスト(術者)自身のためのリハビリをしていないか?」

学生と話したこと。
それは、これからのリハは患者中心で行わなければならないのでは?

という問題提起です。

学生はPTの学問を徹底的に学んでいる最中なので、
「PTの力で患者をよくしてやろう」とします。

で、そこで危険なのは、PTがよくしてやろうという働きかけを
患者自身が理解していない、もしくは了解していない」
ということです。

これは、病院で勤務している僕もはまってしまっていることのように思います。

古い文献ではリハビリテーションは「復権の医学」といいます。
今では拡大して、「個人の尊厳の医学」といっていいかもしれません(かっこいい言い方をすればですが、)

それを考えたときに、第1前提として、
「患者がしたい」と思っていること
を成し遂げるのが目的になるのではないかということです。

つまりゴールは「本人にとって」なのです。
そこには「私はPTだからこれは提供できない」とか、そういうことではないのだと思います。

いろいろな「患者がしたいと思っていること」があると思います。
それに対して、いかに社会にあるハード、ソフトすべてを利用して達成させるかが我々の仕事なのではないでしょうか?
それの解決のツールとして「PT学」があるのに過ぎない。

意外と、「PT学」はあまりお役に立てないケースも出てくるかもしれません、そこでは、セラピストは豊富な知識を持って、様々なスペシャリストにつなげる、または相談する、という力も要求されるように思います。だからこそまだまだ学び足りないし、自分はだめだなあと失望することしきりです。

ここにちょっと考えて欲しいお話しがあります。
学生時代に尊敬している先生が生徒達に投げかけたお話しです。
これをよんでちょっと考えてください。

ある、若い男の話です。
彼は交通事故で片足を失いました。
ひょっとしたら彼はトップアスリートだったのかもしれません。
彼には専門のリハビリテーション技師と、義肢装具士がつき、
絶望的だった歩行も、
すばらしい医療チームと、厳しいリハビリテーションに励み、
ついに「独歩」可能となりました。

退院が決まり、それが間近となったある日、
かれはその義足をつけ、病院の屋上へと行き
そしてあろう事か「飛び降り自殺」をしてしまったのです。

さて、PTには何か欠けけたところがなかったでしょうか?
という話です


さて、皆さんの感想をお待ちしています。








posted by ぷーーさん at 20:43| Comment(5) | TrackBack(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

あす、午前3時15分、FOMC政策金利

午前3時15分(日本時間)、FOMC政策金利発表が控えてます。
FOMCとは、
連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee)
連邦公開市場委員会 (FOMC) は、FRBが定期的に開く会合で、FRB理事7人と連邦準備銀行総裁5人(ニューヨーク連銀総裁と、持ち回りで選ばれる他地区連銀の総裁4人。それ以外の地区連銀総裁も議論には参加するが議決権はない)で構成されるアメリカの金融政策決定機関である。議長はFRB議長、副議長はニューヨーク連銀総裁が担当する。

FOMC定期的会合は年間8回開かれ、フェデラル・ファンド金利の誘導目標、及び公定歩合が決定されるが、市場の急変などでは臨時会議が開かれ、暫定的に公定歩合などが決定される(例:2000年末の株価大暴落時や、エンロンショック、2007.8.17の.5%引き下げ等)。

by Wikipedia

FRBはアメリカの中央銀行のこと、議長は現在バーナンキ議長です。

今日の相場ですが、ヨーロッパ時間から円安に動いていたみたいです。
しかし、今日重要視されているのがFOMCの政策金利発表。
前回の公定歩合引き下げに続いて引き下げは織り込み済み、

-0.25%なのか-0.5%なのかの意見が分かれいてるようです。
-0.5%になるとアメリカの金融不安が深いと見なされるでしょう。
もう一段階、ドル安に動く可能性が、、、、

議長の発言も注目されているようです。
ことしは、8月の10円を超えるドル下落が、
円キャリートレード主体の投資家にとって大きな痛手を被ったのですが、
今年後半はどうなるのでしょうか?

いずれにせよ、今の日本にはバブル期のような力はありません。
円高は長く続かないのでは?
ラベル:ドル 政策金利 FX
posted by ぷーーさん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

おめでとう!谷選手、塚田選手、棟田選手

日本選手陣、やっと、やっと

「金」が出ました

インタビューに答える谷亮子選手!涙、涙、
ここまで、日本のエースといわれた数々の選手がメダルなしという
非常事態
ものすごいプレッシャーかかったと思うんだ、、、

でも、yawaraちゃんは柔道の神に近づいた選手かもしれない、
おんな三四郎かな?
そして、塚田選手棟田選手、お見事でした。
重量級での金は本当に嬉しい、
もともと体格的に欧米よりも不利、
見事に勝ってくれました。

とにもかくにも、北京に向けて、
結果はどうであれ、JUDOで勝つのではなく、
「柔道」で勝って欲しい。
負けた選手達も、もっと、もっと鍛錬して、
集中力を誰にも負けず高めて、「真の金」を持ち帰って欲しい。
がんばれニッポン!!

ラベル:世界柔道
posted by ぷーーさん at 20:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「柔」(やわら)の道

わたしは、「日本人」がすきです。
日本人が大切にしてきたもの、文化、食べ物すべてが好きであり
「誇り」です。

日本人としてはとうてい納得のいかない
判定の続く今年の世界柔道。
それはそれでよし、
むしろ選手全員が、「柔道」をやろうとしている姿に感動しました。

日本の柔道の選手達は、金メダルのためにやっているのではないと思う。「より己の精神を強くし、より技の精度を高め」それを試すために戦っている。

日本人は崇高な人間だと僕は思っている。
価値観が「物質量」ではなく「精神量」であることを知っている。

今こそみんなで、「日本人の心」を守らなければならないと思ったのは僕だけでしょうか?

「日本人の心」
 をどれだけおまえが知っているのかと言われると、ちょっと申し訳ないけれど、、、
古き日本人の心はすばらしいと思うことがたくさんあります。

まず、日本人は律儀です。今でも行列をしっかり守れるのは日本人ぐらいです。

そしてコミュニティのつながり、
困ったとき助け合う。昔は醤油がないから貸してくれとか、おいしいものが手に入ったからお裾分け、なんてのは当たり前だった。
「お互い様」だから、おたがいに無いものを提供しあってそれでOKだった。

近頃、そんな考えが消えてきているように思った。
なぜか、無理をしてプレゼントをしたり、額面はこれぐらいじゃないとダメだったり、そんな基準での贈り物であったり。
苦い顔をしてプレゼントするくらいならしない方がいいです。
「プレゼントしたい」という気持ちを表すためのプレゼントなんだから。
子供が、紙切れ一枚に一生懸命書いてくれた「ありがとう」という
プレゼントはいかなる値打ちもつけられない「プレゼント」だと思う。

日本で災害が起きても、決して略奪、暴動は起こらない。
なにか役に立てることは無いか、と動ける民族だと思っている。

欧米社会はまさに訴訟社会。
何かあったら訴えたり、訴えられたり。

でも、昔の大岡裁きみたいな世界が残っていてもいいと思うのは僕だけでしょうか?
いがみ合うように人を見るのではなくて、誠心誠意を見せるというか、お互いに歩み寄るようなそんな日本人の心が好きなんだよね。

もちろんそのように生きることは、すごく大変。
人間同士心底からぶつかれないとそのような生き方は続けられない。
いま、注意すると逆ギレされて殺されちゃう時代。

でも、悪いことに対して攻めるだけではなくて、そのひとを
愛して、立ち直らせようとする「心の力」
いま、弱まっているように思うのです。
みんな、バラバラに生きているようだけれどそうではないことは
いま「自然」が警告を発して教えてくれています。
食の危険だって食べる人のこと考えて生産すれば、そんな問題起こるはずないんですから。

崇高であることに誇りを持って、誘惑に負けないで生きていけたらいいと思いマス。











ラベル:日本人 柔道
posted by ぷーーさん at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

世界柔道

世界柔道開催!
重量級の日本、井上康生と鈴木桂治
まさかの敗退。

会場からもブーイングの出る不可解判定。
2大会前のオリンピックもそうだった。

柔道にも空手道にも「道」という言葉が使われている。
「道」は武士道にもつながるだろう。
詳しくは知らない、ただ道を極めようと進む「行」がそこにあると思う。
漢としての潔さ、ただただ己の修練の成果のみをぶつけ合う姿、
そこには「勝ちと負け」のどちらかにしか答えはなく、
それがすべてであろう。

北京オリンピックに向けて、「組み」に強い日本に対応するために
襟をつかみにくい素材の道着が開発されているとか、
(笑止)

わたしも小学生の時少し柔道少年団にいた。
柔道は「技」を競う格闘技だと思う。
死に体で、技をかけるのもナンセンス。
技が決まれば潔く投げられないと逆にけがをする。

日本の柔道は「道」を重んじるが故に、小手先の返し技や、
小さなポイントを取って優勢勝ちすることに重きを置かない。
技の完成度を高いところまで高めることに重きを置いている。

今でも語りぐさになっている柔道の話し
山下泰裕がロス五輪で金メダルを取ったとき、
決勝戦で当たったロシアの選手は、
山下が足を負傷していることを知っていたが、決して
あしを攻撃しなかった。
組み技で対決し、そして敗れた。

これこそ武士道ではないだろうか?
自分の「技」が世界で通用するかを求めて柔道していた、
金メダル自体に勝ちがあるのではなく、
山下と、自分の技をぶつけて勝つことに意味があったのだ。

井上さん、鈴木さん、なにも恥ずべきことはないよ、
日本は北京で全部一本取って金を取ろうよ。

今日は俺も腹が立った、
柔道は「道」でなくなった!あの人達は金メダルを
取ることに重きを置いている。

道着を変え、返し技と相手に反則を取らせることを研究し、
着実にポイントを取って優勢勝ちを目指す。
もうやめだやめだ、こんな柔道。

いっそ時間無制限で一本取るまでやったらいいとおもった。
日本は日本の柔道を新たに始めたらいい。
「道」を目指した柔「道」を俺は見たい!


格闘技王、アントニオ猪木が詠んだ「道」という詩がある。
(ありきたりかもしれないが)

この道を行けば
どうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ

そうやって「道」を極めて欲しい。
ラベル:柔道
posted by ぷーーさん at 00:00| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

安倍首相辞職!で経済は?

今日の速報!午後1時「安倍首相辞職を示唆!」

所信表明演説が終わったばかり、今日から代表医質問
何でこんな時に発表したんだろうねえ、
伝家の宝刀、「解散」もできなかったんですね。

普通、政治が混迷するとか、与党が選挙で負けたりすると
株価は下がるもんですが、、、
きょうはなんと、「一時株価上昇!」ですって???
国民は、安倍首相はもう持たないって思ってたんですね。
結局前日より少し下げで終わったようです。

さて、為替は?
ぜーんぜん変化なし、株が下がれば円高?もありえたんですが、
最近下げまくっているので、下げしぶりのようです。
というか、海外では相手にされてない?

前にも書いたけど、ユーロドルやポンドドルは元気!
ドルが人気無いみたいね、日本円も人気無いんだねきっと、

でも、安倍首相はとんだ貧乏くじ内閣でしたね、
大臣が不祥事ばっかり起こすし、
野党もいじめばっかり、やめたらやめたで遅いと言うし、
みんな「愛」がないね。
みんなで、よい国を作ろうといい意見出し合うんでなくて、
与党と野党はけんかするものだってなってて、

裁判もそう、検察と弁護士のメンツをかけたけんかしてる。
罪を犯した人はちゃんと罪を認めて刑期を全うしないと、
自分の罪は天にも地にも許してしてもらえないんだよ。
「良心の呵責」がいつまでも残って寂しい人生なんだよ。
もっと「個人の幸せ」を考えたときに、
罪犯した人まで無実にするのは「愛」が無いです。
みんな、「人間らしさ」捨てちゃったの?
ラベル:経済 首相 FX
posted by ぷーーさん at 19:08| Comment(0) | TrackBack(5) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

「ぷーーさん」の由来

わたしのHNはぷーーさんです。
決して「ぷーさん」ではないんです。もう一個「ー」がつく。
今日はその由来をお話ししマス。

元々は「ぷー」さんでした。
それは高校時代、5名ほどの同級生とはいつも仲良しでした。
休み時間、自習の時はたいてい大富豪のメンバー、
修学旅行も同じグループでした。

そのときの僕は大食らいで有名。
その当時、みよしののサービス定食という食べ放題がありましたが、
餃子50個、ライス大盛り三倍、味噌汁2杯をたいらげ、
さらに餃子10っこを追加しようとしたら、「時間切れです」
といわれる始末。

さらに社会人になっても、ココイチの3キロカレーを
10分で平らげる始末。

そこで、大食漢のおでぶ「ぷーさん」といわれはじめます、
または「ぷー」

今の妻と出会った時はクマのようだと言われ、
そこで当然「くまのプー」とだぶるのです。
わたしのイメージがくまのプー、そして大食漢おでぶ「ぷーさん」です。

では、なぜ「ぷーーさん」と音が伸びてしまったのか、
それは、インターネットの功罪にあります。
「ぷーさん」はあまり名乗る人が多すぎて、
ハンドルネームがダブってしまうのです。

そこで、高校時代僕がおならをするたび「ぷうううう」といっていたのもあり、
「ぷーーさん」と名乗ることにしました。

さすがに「ぷーーさん」はあまりみかけません。
これからも「ぷーー」で行きます。
皆さんよろしく。


ラベル:自己紹介 日記
posted by ぷーーさん at 20:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

ヒルマン監督今期限り!!

きのう、速報が流れて、

ヒルマン監督退団??

えっええええがく〜(落胆した顔)
首位を走っているチームがシーズン終盤にしてまさかの宣言!
その前はミスターファイターズ、田中幸雄選手が
来期契約しないと球団が通達、、、、

ヒルマン監督は道産子とともにファイターズを育てました。
スモールベースボールをこのチームで大成させ、
見事日本一に輝かせた、

今年も戦力ダウンを、チーム一丸で補いながらここまで来ました。
いま、何とか首位!

どう影響するのか、あと20試合あまり、、、、

そうだっ!ファンが支えよう、
もう一度札幌でパレードしよう!
そして笑顔で二人を見送ろう。
最高の思い出とともにアメリカに行って貰おう!

そして、ヒルマンが言った
「北海道のファンは世界でイチバンデーース」

この伝統を、ずっと残そう。
何処のチームにも負けないファンが支えるチーム
そんなチームとして、残っていってほしいなあ。



posted by ぷーーさん at 17:02| Comment(5) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

訪問リハビリ

故郷に帰ってきて7年半が過ぎました。
それと同時に訪問リハビリテーションも始めました。

いままで、いろんなフェイズにある患者さんを病院で見てきたから、
患者さんの状態はつかめると思っていました。

ひとつだけ、病院と全く違うことが、、、
それは、

土俵が違う、、、

サッカーでは、アウェーとホームがありますが、
ホームが絶対有利ですよね、訪問リハはそれ以上です。

なれぬうちは、本当に困りましたし、疲れました。
道具もないし、、患者のペースで仕事しなくてはならないし。

そんなぁこんなで7年やってしまいました。
(病院にいたときよりも長くなってしまいました。)

訪問をはじめて考えが決定的に変わったことがあります。

それは、治療が終わったらさよならではないことです。
みんなずっと生きていますし、それに高齢者がほとんどですから(介護保険下でのリハですから)その対象者をホントに長い目で見ていくんです。どんどん変わっていきます。

うちは、町内唯一の病院ですから、町民はうちの病院が最後にかかる病院ですし、今後のことも考えなくてはならない。
廊下一つながりで、町の担当ケアマネージャーが居ますので、
何回も相談をしあいます。

入院リハ、外来リハ、訪問リハをかりに終了しても、
サポートは続きます。
「あの人どうしてるかな」近所だったら見に行ってみたり、、、
病院に来ているお友達の情報も貴重な「情報源」。

町の特別養護老人ホームも近いですし、訪問の対象者が
ショートステイやデイサービスで利用していますので、そこにも顔を出してみたり、、

こうしてみると、リハですべきことが広い目で見られるようになってきました。そして後悔もあります。

もっと急性期、回復期に生活に目を向けてリハをすればよかった。

今はどんどん在院日数が減っていく時代。急性期で入院20日を切る時代です。どんどん生活に目を向けたリハがやりづらくなっていく。

いまこそ、一人の対象者ごとの人的ネットーワークを強くしなければならないと思うんです。

小さな町だからこそいいめんもあります。
「”自分自身”が患者と同じコミュニティの一人」なんです。
だから、お友達がどんどん増えていきます。
患者さんは人生では先輩ばかりです。
子供を連れっていったりして、(仕事中はだめだけど)
優しい言葉をかけて貰ったりするとホットします。

リハで、よく新しい趣味をリハビリ含めて指導したりもするんだけれど。一番、その人が「人間らしく生きていく」という面では、
お友達のところに差し入れ持って行ったり、
野菜づくりをしたり、
その人がしたいことは病気になる前とあまり変わらない。
それを、みんな一人一人が知恵を出し合ってこれからも続けられるように支援しましょう、というのが
僕の考える、

「訪問リハビリ」

りはびりの技術だけ磨いてもダメなんですよ。
あーー奥が深い。
posted by ぷーーさん at 14:54| Comment(2) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

ドル下落!

本日7日、日本時間21:30発表、

(米)8月非農業部門雇用者→予想+10万人 結果 -0.4万人

予想を大きく下回り、、、、
ドル/円 114円台前半で昨日より100ポイント以上下がり!
ユーロドルも最近あがってきてるなーと思ったら、
今日は一気に駆け抜け1.377台へ!

どうしてこんな時に参加できないんだー

もう一動きあると、来週はトレンドできそうだなあ。
そろそろ投機筋もいらいらしてそうですしね。
小幅レンジ相場かれこれ2週間続いてましたから。

でも、じっと潜伏してのぞいている時間、
いいなとも思う。センスを磨ける。
今までの僕→ポジション毎日取ってた!
今度はそうはすまい。
ラベル:FX 為替 ドル
posted by ぷーーさん at 22:02| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

こだわりの!!ジンギスカン

妻と末っ子のいない生活も切羽詰まってきて、
きのうは、友達に貰ったパンが夕食。もうやだ〜(悲しい顔)

今日はスタミナつけようと、

こだわりのジンギスカン

jintare.jpg
1.第一のこだわり、
ベルのジンギスカンのタレ(缶でないとダメ)
ジンギスカンのたれを昔っから出しているベルさんですが、

缶のでないとダメ

味は、醤油ベースのちょっと酸味のきいた味、焼き肉のたれのような甘さがありません。むしろ「ポン酢」に近い。

gingisukan.jpg
2.第二のこだわり
生ラム、そしてもやしは絶対に欠かせない。






ジンギスカンには2種類の楽しみ方があります。
1,焼く系
味のついていない肉を焼き、たれで食べる。
やはり、生ラムに勝るものなし!
2,煮る系
味付け肉はこちらがおすすめ、野菜から焼いていくのは同じだが
肉は最終的に野菜と煮込む形を取る。
このときビールなどを入れて肉を軟らかくして食べる。
(時にラムといいながらマトン以上に固い肉があるため)

今日は「焼く系」で食べたかったので、当然「生ラム」


yakikatayo.jpg
3.第三のこだわり

焼くときは、もやしを全体に引いて、火が通り始めたら
真ん中をあけて肉を焼く。
そのほかのやり方は絶対に

あり得ない!!どんっ(衝撃)


dekiagarii.jpg
できあがり!



今日は、ものの10分ほどで、4人ですべて完食!!
久々にまともな夕食を食べた!
ごらんの通り、わたしは「鍋奉行!」
味の権限はわたしが握っております。
posted by ぷーーさん at 20:51| Comment(10) | TrackBack(2) | 食べ物 グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

そろそろレンジ相場から抜け出すか?

ずーっとチャートを眺めています。
8月29日、がくっと下がってドルが114円前半
ポンドが227円台まで下がってましたが、
すぐに値をドルが115円50銭付近、
ポンド232円から233円あたりに戻ってからさっぱりうごいてません。
もう1週間以上になりますよね。
そろそろ荒れてくるんでしょうけど???
ドルが117円超えられないのでやっぱり下がる?
皆どうなの?

相場も個人投資家がどんどんチャレンジする時代。
今までの流れだけでは
読み切れないでしょう?
でも勝ち続けている人がいることも事実。
やっぱり、センスもあるよね。

「勘」ってオカルトなひびきだけど、
実は頭に沢山詰め込んだ学問や経験が
無意識に働くものだと思います。
だから、死なないように続けつつ俺も
頑張ってみよう!


ラベル:ドル 投資 為替 FX
posted by ぷーーさん at 20:41| Comment(4) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

PT歴14年目!

平成5年4月に免許を取り、今年で14年目!
10年一昔、といいますが、
10年超えてやっと一人前になった気がします。
この業界、3年経験すると、スーパーバイザー資格を得て
後輩を指導する資格を得ます。
もう4年目から一人前になった扱いを受けてしまうんです。
それは、置いておいてと。

僕の目指すPT像について

ぼくは、学生の頃言われた一言が未だに自分を引っ張っていると思います。
それは、「患者はほとんどが僕たちの人生の先輩達、患者からみたら我々は若造、”先生”と呼ばれているがたいしたことぁしてないぞ」と

ずーっと胸に秘めて仕事してきました。
いつの間にか自分にできたPT像は、

自分は何かの縁で患者様と知り合った、一期一会である、
いま、体のことで困っている知り合いがここに居て、助けを求めている
自分は体のことは専門を少し学んだ、
だから、自分の知識を総動員して、この人の支援者となろう。
自分の得意なことでなにか助けられることを提供しよう


ということです。

ひとはみんな支え合って生きています、みんながそれぞれの得意技があって、それを提供しあって生きています。

そして、与えようとしたときその何倍も相手から与えられることを実感します。
それを喜びとして生きています。
それが、この仕事の「やりがい」です。

PTという学問にこだわりはありません、自分が納得したこと、自信のあること、伝えたいなと思うこと、すべてを患者にぶつけます。
けんかになることもあります。でも、「よくしてあげたい」という思いが自分の中に確固としてあるならぶつかります。

そこで、永遠に学ばなければならないと思うようになりました。そして今、今まで知ったことは、できるだけ多くの人に伝えなければならない、とも思いました。

ことしは、そんなきっかけの年になりました、2度ほど、大きな会場で、発表したり、講師をしたりする機会にも恵まれました。
これから準備なんですが、
僕は昔っからギリギリタイプでして、
(自由研究を最終日に徹夜で仕上げたりする)
まだ、頭の中に構想しかありません。

人として、成長しなければならないなあと思います。
まだまだ、お子ちゃまに思えてしまうのでした。
いま、患者様に「人生学」を勉強中です、



posted by ぷーーさん at 19:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

入院しますた。

           ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ( ´Д` ) < 入院しますた
          /,  /   \
         (ぃ9  |       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /、
         /   ∧_二つ
         /   /
        /    \
       /  /~\ \
       /  /   >  )
     / ノ    / /
    / /   .  / ./     (゚Д゚) <しますた
    / ./     ( ヽ、     @( )>
   (  _)      \__つ   / >

Posted by ぷーー 

すえっこはやはり入院してしまいました。

今日、JRで見舞いに。
かなりゴロゴロ言ってます。

Squeezingしてきました。
強制排気させて、胸に余裕ができると、
吸気量も増えます。
それで、酸素はよくとれるでしょう。(すでに常時SpO2は100%でしたが)
吸気の分、呼気量が増えてるので、
タンがあがりやすくなります。

うちの坊主は気管支の問題ですので、
肺で言えば結構出口に近いところの問題です。

で、呼気介助したとき、咳の反射が出てきます。
からんだ咳になればしめたもの。
ただ、3さいの子には、それをペッて出せと言っても出せないけど。

もう一つは吸入。(ネブライザー)
ネブライザーは超音波で薬液を送り、タンをうごきやすくします。
細かい粒子なので結構おくまで届きます。

昔、肺理学療法には、tapping(たたく)という手技がありました。
でも、人間の手で肺をたたいても痛いだけ、
細かい振動も送れません。今は効果なしといわれています。
ネブライザーでさえ末端までは届かないのですから。

痰を出すには、

1.薬物療法(タンを柔らかくする、気道を広げる)
2.体位排痰法(体の向きを変え重力で痰を気管に誘導する)
3.Squeezingなどの徒手手技
これらを組み合わせて行います。

あと、痰を出す力そのものが弱かったり、反射が出ない場合は、
吸引して貰うしかありません。
理学療法士は未だベッドサイドでも、吸引は許可されていません。
うまく組み合わせると最高なんだけど、、、。

ところで

僕のばあちゃんは肺炎による呼吸不全でなくなりました。
幸運にも仕事中にその最後に立ち会うことができ、
最後、自発呼吸が困難になったときに、
Drがアンビューバックで酸素を送り込むのですが、
はき出せないんです。それを僕が呼気介助ではき出させる。
それを延々1時間くらいしました。
その間、心臓は動き続けたのです。

やっぱ、呼気介助は役に立つ手技ですよ。
付きっきりでやれば、高齢肺炎患者の何%かを救えるかもしれません。
実際現場では、肺痰のために1時間弱、呼気介助法を行うこともあるようです。



posted by ぷーーさん at 00:08| Comment(1) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スピード登録&高額収入ならDPアフィリエイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。