2008年02月27日

介護認定審査会

今日は「介護認定審査会」の日でした。
介護認定審査会は
訪問調査で得られた調査結果を
「コンピューターにかけ得られた全国一律の結果」(一次判定)を
「かかりつけ医師の意見書」と比較検討し、
最終的に介護度を決定する(二次判定)
審査会のことです。

構成委員は、保健・医療・福祉の各分野に関する学識経験の均衡に配慮した構成となり、市町村やそのいくつかにまたがる合議体の町が任命します。
構成員が5名以上をもって審査会が構成されます。

介護認定審査会は対象者の介護度を決定する”最後の砦”なのです。

ところで現在は介護度は自立をあわせて8段階となっています。

非該当
要支援1
要支援2
要介護1から要介護5

で下に行くほど重度の介護が必要と判定されます。
また、コンピューターで要介護1相当と判定されたもののみ、
認知症の有無、廃用の程度によって、
予防的視点に立って援助をすることにより、
改善が見込まれると思われるものは「要支援2」の判定、

認知症があって予防給付では効果が見込まれないと思われるもの、
病気の症状が安定せず、予防給付が適切でないとされるもの、
廃用が進んでいて、今後改善が見込まれそうにないもの
は「要介護1」と判定されます。

介護度の違いによる最も大きな差は「区分限度支給額の違い」ですが
そのほかにも、利用できるサービスが介護度によって限定されるものもあります。

利用者にとっては、介護度が変更されたことにより、
今まで受けていたサービスが1ヶ月の限度額を超えてしまったり
ということが起こってしまったりします。

私たちは公正を期すために審査にあがった患者のプライバシーに関わる情報は一切知らされないで審査に当たります。
ですから、本来はほぼ全国一律の審査結果になるであろう想定で
審査はなされているのですが、、、、

この前釧路管内の研修に行って実習してみましたが、
グループによって1〜2段階程度審査結果が異なってきます。

まだまだ一次判定の精度が甘いですし、
最近「動ける認知症」に対する介護度が低めに出てしまう問題点に
対しての対策がなされたのですが、まだまだとってつけたような
判定の域を出ていません。

さらに、ボクが思うのは、「本人の工夫、努力」によって
やっと生活しているものにはなんの恩恵もないこと、

さらには肺気腫などの、継続して運動することが困難な場合、
判定は1度の面接と、医師の意見書によって決まるため、
そのような「疲労度」とか、「無理をしてやっと出来る」
なんてえのは一切評価されないんです。

身体介護と家事援助の割合は介護度によって決まってしまうので、
介護度の低いものにはヘルパーによる身体介護はほとんど利用できないでしょう。

でも、ぎりぎりの少し無理をして生活しているものに対して、
「休息を得る」ための身体介護ってあっていいような気もします。

だから、介護度による支給限度額や、介護区分ごとの利用できるサービスの幅は緩い方がいいのではないかと思うのですが、、、

介護度が高いからと言って目一杯サービスを利用しなくてもいいし、

介護度が低くてもサービスを上限超えて入れたい人も実際にはいます。

たとえば、簡単な例で、
同じ介護度でも、家族との関係が良く、家族も介護に参加でき、
さらに住宅にも恵まれている場合にはサービスは少なくて済みます。

でも、一人暮らしで身よりもなく、住宅も劣悪な環境で生活せざるを得ない対象者には介護度が低かったとしても、もっとサービスが必要な気がしませんか?

その辺は、前にブログ記事にしましたが、
「ケアマネージャーの権限が低い?または評価されていない」
ことにも起因しますね、

何よりも思うのは「個人個人のモラルが大事」だし、
プランの調節をするケアマネージャーの自覚が大切だと思う、
それに、今の国の政治が「国民を疑い過ぎ」
だと思うのは気のせいですか?

もうちょっと裁量を持たせてあげればいいのにっておもうんですよね。

皆さんはどう思いますか?



ラベル:介護度 介護保険
posted by ぷーーさん at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

短編ドラマ「ロス:タイム:ライフ」

2月1日から始まったフジテレビの一話完結ドラマ
「ロス:タイム:ライフ」
にはまっています。
毎週欠かさず見ています。

「ロス:タイム:ライフ」

は、言葉の通り、人生のロスタイムを過ごすお話しです。

主人公は、何らかの形で「死亡」することになるのですが、、、

その瞬間、時間が止まり、「ロスタイム」が電光掲示板に、、

自分が死ぬことを悟った主人公は、
自分が死んでしまうまでのロスタイムを宣告されます。
それまでの時間に、自分を清算できるのです。

ドラマのはじめの2回は写真ジャーナリストや刑事と自分からはややかけ離れた存在でした。

今週(2月15日)は、ちょっと身近で切ない物語でした。
20才になる娘と、来年高校に入学する長男、主人は普通のサラリーマン。
そして主人公が、友近演じる「一家の大黒柱?おかん」

決して裕福ではない家庭の中で、おかんは節約しながら
一家を陰で支えています。

「今日は”すきやきよっ”って」張り切るおかんに
「どうせ豚肉のすきやきだろって」かえす息子。
そして、「成人式の晴れ着はレンタルは絶対嫌」とごねる娘、

(でも、おかんは節約しながらみんなのことちゃんと心配してたんだよ。。。。。。)

さて、おかんは1枚のチラシから牛肉のタイムセールの
存在を知ります。そのスーパーに自転車で一目散に駆け出すおかん。
その道中、晴れ着の特売の看板に目を奪われたおかんは
道をそれ、石の階段にまっすぐに飛び込むことに、、、

そこで、笛が鳴り、時間が止まります。
そう、彼女はこの事故で亡くなってしまう未来だったのです。

さあ、ロスタイムの数時間。
スーパに向かったおかん。タイムセールの牛肉はすべて他人の手に、
彼女は葛藤の末、大枚はたいて、最高級の牛肉をたんまり買ってきます。

なにくわず帰ってきたおかんに、何も知らない家族達、
パンツのありかもわからない夫、宅配の認め印に実印を持ってくる息子、

おかんが「私は家族にとってどんな存在?」
と聞くと
一斉に3人で「おかんは一家の大黒柱!」

それでもおかんはみんなにひと言ずつ
「これからも頑張るんだよ」と言葉を残して、、、、
もうロスタイムはあとわずか、、、、

さいごに、おかんが娘に送ったメールには、
おかんが少しずつ貯めた「へそくり」のありかが、、、、
さいごに、「これで晴れ着を買うんだよ」って送ったんだね。

身近な話で、ホントに切なくなりました。
自分なしではなんにも出来ない家族を残して逝った
おかんはどんなきもちだったのだろう。

人間の生死はいつ来るのかなんて誰もしりません。
「いつも当たり前に来る日常」こそ、

「生きているという”奇跡”の積み重ね」

なのかな、なんて思ってしまいました。

いまボクは”奇跡”の積み重ねで生きています。

日々、

一分一秒を

どれだけ感謝して生きようか、

何を残して生きようか、、、






ラベル: ドラマ
posted by ぷーーさん at 00:40| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月12日

闘う!リハビリ

2月10日と11日の両日
NHKスペシャルで

「闘うリハビリ」

という番組を放送していた。

まず、脳梗塞で倒れた読売巨人軍名誉監督 長嶋茂雄さんの
インタビューだった。

一人で歩けるまでに回復し、言葉もゆっくりながら
相手に明確に伝わる会話が可能であった。
そして今もリハビリを続けているという。
200万人とも言われる脳血管障害の後遺症で悩む人々の、
代表であるかのように、力強く
発症から4年たった今でも戦い続ける強い執念を感じた。

さて、リハビリはまさに「自分との戦い」である。
長島さんは言う

「リハビリは嘘をつかない」

やったらやっただけ成果があるし、さぼったらすぐに
後退を実感する。
1日休んだら元に戻るのに2日かかると、
あの日から4年たった今でも、
そうはっきりと答える長嶋監督に、
長期間のリハビリに対する患者側の期待や熱い想いを感じた。

番組の中で、やっと
脳の可塑性が実証され、認知されてきている印象を得た。

今まで、中枢神経リハを担当してきた
多くのセラピストは、
経験の中で、漠然とそれを信じてきたのである。

確かに失われた脳細胞は二度と復旧されることはない、
では、失われた脳細胞によって機能を失った
四肢機能はもう戻らないのか?
答えは「否」である。

多くのセラピストは、昔から失われた部位に刺激を与えることで、
それが脳を刺激し、残された脳から新しい運動のネットワークが
形成されると信じ、様々な治療法を考案していったのである。

有名な漫画「北斗の拳」では、
通常人間は持っている脳細胞の30%も使っていない、
北斗神拳は脳を100%にまで使用するところに極意があると。

だったら僕らでも可能性があるではないか、
脳の片側を失っても元々両方で30%なのだから、
全部使えば85%まで使える。

中枢疾患の治療法で有名なのは、
ボバース概念(NDT)しかり、ルード法、ボイタ治療、植田法、PNF
など様々である。

いま、ハイテクノロジーの進化によって
脳の活性状態をリアルタイムに視覚化できる装置があるという。

驚きだったのは、麻痺した四肢の関節が動くようになると、
本来そこを動かすために働いていた部位の脳は働かず、
本来は麻痺していない側の四肢を動かす反対側の脳の一部が、
麻痺している側の四肢を動かし出すと言うことである。
そして、それを実現するためには、

「麻痺側への運動刺激が特に大切である」

こともわかってきたのである。

そして、ボクが一番注目したのは、その期間とか時期である。
CI療法といってわざと麻痺していない側の運動を拘束し、
麻痺して不自由にしか、動かせない側の四肢を
あえて積極的に使わせて、
麻痺している側の運動能力を高めようという治療法がある。

短期間集中で行い、発症から数年たった患者でも、
麻痺していた手が動くなど、かなり進歩が見られていた、

近年、病院ではリハビリの実施期間に制限が設けられ、
マスコミにも取り上げられ、大きな騒ぎとなった。

現在も緩和されたとはいえ実際のところはその期限で
リハ終了となるケースがほとんどである。

元に戻るが、

リハビリは

「自分との闘い」

である。

あきらめなかったものには何年たっても進歩の道が残されている。

せめて、”闘う意志”のあるものに対して

門戸を大きく開いて欲しいと思います。

posted by ぷーーさん at 23:35| Comment(5) | TrackBack(3) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

人間ドック

人間ドック

”ドッグ”ではないです。たまに間違う人がいます。
「人間ドッグ」ならまるで人面犬??

ドックです。
よろしくメカドックのドック。
修理工場のこと”どっく”ていいますよね、
おそらくそれが語源!

今日は1年ぶりの人間ドックでした、
30才になってから、組合で補助があるので
毎年受けています。

検査項目は

身長体重、血圧測定
視力聴力検査、血液検査、尿・便検査
眼底検査、心電図、胸部レントゲン
腹部エコー検査、胃カメラです。

身長体重はBMIで肥満度を測定します。

【BMI】
 肥満度の判定方法の一つにBMI(ボディ・マス・インデックス)指数での評価があります。これは
体重(kg)/身長(m)2
で求められます。
 BMI指数の標準値は22.0です。
 これは統計的にみていちばん病気にかかりにくい体型で、標準から離れるほど有病率は高くなります。
 また、体脂肪率とも相関しています


ボクはBMI=26なので、少し肥満!

血圧正常よーーし。
さて、腹部エコー
エコー検査では肝腎コントラストといって肝臓と腎臓の明るさを比較します。
本来は肝臓と腎臓のコントラストはほぼ等しいと言われていますが、
私の肝臓は、腎臓よりも少し白っぽいんです。
これは脂肪がエコーの吸収を妨げて白っぽく見えるのです。
ということで
「脂肪肝」の診断!!
フォアグラですよフォアグラふらふら
その他エコーでは、
前立腺の肥大、膵臓、腎臓、、、異常なし!

胃カメラ、
もう、毎年7年も受けているのに未だに苦手、
でもうちの副院長の胃カメラは高速です。
有無を言わさず、「上手だねえ」といって、
一気に十二指腸まで、
そのあと、しっかり写真を戻りながら取って全部で5分もかかりません。
どうせ辛いなら早く終わった方が楽です。

噴門(食道からの胃の入り口)に、少しただれがあって
逆流性食道炎の兆候だそうで、そのままスルーですが、、、
あとは、キレイな胃袋でした。

血液検査では、GOT,GPTも昨年より下がってますし
昨年400あってヤベーっていわれた中性脂肪が
180まで下がりました。メタボでは150以上が注意されるのでまだ高いんですが、、、、


メタボリックシンドローム(代謝症候群)の診断基準
改訂NCEP-ATPIII基準(2005年)
腹囲男性90cm、女性80cm以上。
血圧130/85mmHg以上。
中性脂肪150mg/dL以上。
HDLc男性40mg/dL、女性50mg/dL未満。
血糖100mg/dL以上。
の5項目中3項目以上


血糖値が70程度。血圧も121/70で正常なので
ボーダーですがメタボの基準からはセーフ!

あとですねえ
今回は尿酸値が7.1あったんです(正常値は7.0mg/dL以下_日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン)

尿酸ってのは本来尿と一緒に排出されるプリン体の濃度を示しています。
プリン体は、細胞の核に含まれていて、ビールなんかも多いのですが、
あと、肉のとけ込んだスープなんかはプリン体の固まりです。
ビールのあとラーメン完食!とか、なべのあとのおじやが大好き!
ってのは危険です。

尿酸値が高いと発生する有名な病気が

”痛風”

ですが、
痛風発作は9.0mg/dLを越えないと出ないそうなので
「まあ大丈夫」といわれました。

ということで、ボーダーラインの人間ですが、
昨年よりよくなってまして、
体重増加に気をつけて良かった!
今年は、

もう少しやせたいと思っています。
posted by ぷーーさん at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

長ホ?

1月30日
いよいよ本町の
「長ホ」社会人夜間リーグが開幕!


長ホって何????

長靴アイスホッケーの略です。
http://www.nagaho.com/


氷上の格闘技と呼ばれるアイスホッケーですが、
「長グツ」アイスホッケーは
スピードもゆっくり、
パックもテニスボール大の柔らかいボールですので、
初心者でも楽しめます。

うちの町でも社会人の夜間リーグがあります。
今年は全部で16チームが参加!
うちの病院は最古参でうちの正キーパーは
長ホチーム中最高齢で70才近い方です。
もう20年近くやっているのではないでしょうか?(詳しくは知らず)

長ホ.jpg



女性1名および女性か55才以上の男性を一人以上必ず入れて、
キーパー併せて1チーム8名で行います。

コートはアイスホッケーのリンクを用います。
いつもシーズン開幕はアイスホッケーが落ち着いた
1月末くらいから2月末くらいまででしょうか?

これから毎週2回程度1日に2〜3試合ずつ行っていきます。
病院チームの監督はなんと!ボク(名前だけね)
出来るだけすべてに参加しようと思っています。

だんだん冬に外に出るのがおっくうになってきているので、
こういう機会を逃さずにはいられないと思っているぷーーさんでした。


成績は.....?

聞かんといて
posted by ぷーーさん at 20:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スピード登録&高額収入ならDPアフィリエイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。