2007年08月15日

こわーーい!!COPD=たばこ病??

たばこ病って知っていますか?
正式にはCOPD(慢性閉塞性肺疾患)といいます。
といっても一つの病気を示しているのではなくて、
慢性の呼吸器の病気だと言うことです。
たばこ病といったのはヘビースモーカーと呼ばれた人のほとんどが、
高齢者(70歳以上)となるとかなりの確率でこうなるということなんです。
たばこの弊害ですが、喫煙による有害物質(ニコチン、タール)が
どんどん肺に蓄積して行きます。
するとどうなるかというと、肺胞という空気と血管に接して
ガス交換をする肺の細胞体が有害物質によって壊れていきます。
本当は一つ一つの肺胞はしわしわの梅干しみたいで、
周りにびっしりと血管がはい回っているので、沢山の血管が、
空気中の酸素にふれてガス交換が効率よくできます。
ところが有害物質がついた肺胞はしわしわの部分にそればびっしり張り付いてうまく血管と接することができません。

この状態を肺気腫といいます。昔は炭坑労働者とかが、炭素を吸い込んだことにより肺気腫となるケースがほとんどでした。

ところが、現在は喫煙者の肺気腫が増えているんです。
察するに、日本で喫煙の習慣が広まったのは裕福になってきた戦後だと思います。
今年戦後62年ですが、戦後二十歳で吸い始めたとして現在82歳。
今後このような高齢者が鰻登りに増えていくと思います。
今、多いのは主に男性ですが、女性の喫煙者は昭和の後期から増えています。
ということは、あと、30年くらいすると女性の肺気腫の方もかなり増え来ると思います。

じつは、高齢者になって体力が落ちてくることで、
肺気腫は死の病気に変わります。階段を上っただけで息切れがする。
風邪を引いただけで肺炎になり入院する羽目になる。

肺気腫、そしてCOPDになった患者様は、低酸素血症といって
体内の酸素量が極端に低下していきます。
この状態が長く続くと、まず、脳酸素が減って記憶障害や異常行動を起こしたりする。さらに、慢性に全身の酸素量が少ないので、やせてくる。そして、臓器の能力も低下していく。
病院では、高濃度の酸素を投与したり、少しでも呼吸が楽にできるように理学療法を行いますが、元々ほとんどの肺が機能しなくなっているので、気休め程度にしかなりません。
肺炎は最悪です。元々肺機能が弱いところに機能している肺まで
ガス交換機能不全になってしまえば医者に手だてはありません。

ここ数年、在宅酸素療法(家で酸素ボンベをつけて生活する)のかたや、風邪で呼吸不全になって入院してくる方が増えています。
じつは、ガンの死亡率を近いうちにCOPD〜肺炎というケースが増えてくると言われています。
現場でそれを目の当たりにしています。

ヘビースモーカーの方。
予防法はただ一つ喫煙をやめることなんです。
吸った量だけ、肺気腫は進むんですからそれしかいえません。
受動喫煙のかたは吸っている本人よりもさらに危険!

本当にCOPDの方の末路はかわいそうです。
がりがりにやせて、寝ることさえも苦しいんです。
肺が硬くなり、相当頑張らないと十分な酸素がとれないんです。
あさ、起きた時から疲れている。
在宅酸素である程度は維持できますが、やはり時間経過で入院です。
それに高濃度酸素は火気厳禁!高齢者の一人暮らしには危険!

皆さんどうしたらいいと思いますか?
今一度喫煙について考えてください。
今日もまた、喫煙歴のある老人が肺炎で亡くなりました。




ラベル:たばこ
posted by ぷーーさん at 23:07| Comment(7) | TrackBack(2) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
怖いねぇ・・・

ブルッときたよ・・・
Posted by るぱんだこぱんだ at 2007年08月16日 08:40
TBありがとうございます。
たばこもお酒もほどほどが一番ですね、ってたばこは止めた方が良いと思うけど。
病気になってからでは遅いんですよねー。
身につまされます。
Posted by 日月 at 2007年08月16日 09:03
COPD聞いたことあるけどこんな恐ろしい病気とは知りませんでした。
私の父は66歳で肺ガンでなくなりました。
すごいヘビースモーカーで、42歳の時に気管支喘息になり
母から「たばこやめたら・・・」と何度言われても
「タバコやめるくらいなら死んだ方がマシ」
なんて言っていたけど、ホントに死んじゃあね
笑えないってば。
日記拝見させていただきました。
すごく分かりやすい文章で解りやすい(?!)です。
素晴らしい文章力ですね。
Posted by yasu at 2007年08月16日 19:22
お褒めの言葉ありがとうございます。
このことは、どうしても書きたかった。
人口9000人も割ったこの街で、最後に引き受ける病院が、
僕の勤務している病院です。
自分達の生活している街の病院はここにしかありません。

最近、ガンでなくなる人よりも、
インフルエンザ、肺炎、呼吸不全、といった診断で亡くなる人が多いんです。

「禁煙できない人」、迷惑かけなければいいじゃないかって言うけれど、

吸えば吸った分だけ、死へのリスクが高まる。
.....それが「喫煙」です。
身近に起こっているので、どうしても言いたくなりました。

沢山の人に見てほしいです。


Posted by ぷーーさん at 2007年08月16日 19:56
喫煙は怖いですね.

たまにテレビで高齢者が吸っているのなど見て,なんだ平気じゃないか,などと自分をごまかしていました.

肺ガンをはじめとした悪性腫瘍や心臓病,脳梗塞など行く末は怖いところばかり.

COPDや病気になってから後悔しても遅いですよね.
とても参考になりました.

トラックバックありがとうございます.
Posted by oliverjehu at 2007年08月16日 20:39
トラックバックありがとうございました。
タバコ病=COPD。
初めて知りました。
どんな怖い病気であるかも。
私を含め、喫煙者のほとんどはタバコの知識、特に悪影響についてはほとんど知らないと思います。
さしたる情報もないままに、タバコを覚え、長年のスモーカーになった方も多いと思います。私もその一人です。
でも今回、こうしてこの記事を読ませていただいて、タバコ=とても危険なもの、ということが以前よりはっきりと認識することが出来ました。
とても感謝しています。
今はまだ完全には禁煙できていませんが、この記事を読んでからはかなりタバコの本数は減っています。
このまま減り続け、近いうちに必ず禁煙が達成できればと思います。
Posted by あんず at 2007年08月17日 16:35
ブログ、拝見させていただきました。
主人にも話しをしてはいるのですがなかなか気持ちが本気になれないようです。それでも、なんとか止めようと思う気持ちがあるみたいなので側で見守っていたいと思います。
いつか必ず、禁煙できる日がくることを願って・・・。
Posted by お地蔵さん at 2007年11月15日 14:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「風邪でダウンしてましたぁ フゥ〜」について
Excerpt: 「風邪でダウンしてましたぁ フゥ〜」について COPDは、先程アンケートで知りました。 記事参照もあり、咳き込んでいたので、関心をもってみました。 主な要因は、「喫煙環境にある」ことですが、 遺..
Weblog: 子育てを楽しもう!
Tracked: 2007-08-16 00:00

「UDON巡礼スタンプラリー2007」その6
Excerpt: ブライアン・アダムスが死んだ!!! 焦ってクリックしたらプロレスラーのブライアン
Weblog: 日月のとりあえず今日も元気
Tracked: 2007-08-16 09:00
スピード登録&高額収入ならDPアフィリエイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。