2008年01月09日

子供が産まれて、、、

1月2日
高校の同期会がありました。

1年生の時の同じクラスだった女の子、

「子供がいるんだけれど、発達が遅れていて、療育センターでリハビリうけているんだ」って。

そのあと、色々話をメールでやりとりしました。

産まれた時から柔らかい感じで、1才4ヶ月でまだ伝い歩きだって、
検査では何も出てこないから、
問題があっても軽い方だと思うって言っていました。

ボクも、学生時代、療育センターで実習をしました。
母子棟というところでは、お母さんもともに子供のリハビリをつきあいます。
乳幼児期のリハビリは、家族も一体となってすすめなければなりません。
彼女にも、ボクが今まで診てきた肢体不自由な子供の例を話しながら

子供の将来の能力を決定するのは、

「いかに、その時期にふさわしい経験を”脳”にさせるかが、大切」

だと思うと話しました。
肢体不自由な子は、巧く体が扱えないので、「したい」思いがあっても巧くできないんです。

だから、子供をじっと観察して、

「こどもの”したい”を助けてやる」

のです。

うちも4人の子供がいますが、同級生のなかにもそんな悩みを抱えている友達が居て、とても心が動かされました。

大学の小児科実習の時、ドクターのムンテラに立ち会うことがありました。
なんとその時は、お母さんに子供の病状を「告知」するときなのでした。


ドクターが「この子の病名は聞いていますか?」と母に話しかけ


母が「聞いていません」というとしばらくの沈黙の後、


「脳性麻痺です」と答えました。


お母さんは、うすうすとはわかっていたのかもしれません。
いや、もうすでによく勉強していたのでしょう。
すでに子供は2才か3才になっていたと思います。
でも、この言葉は重くて、お母さんは泣き出してしまいました。

お母さんは、自分の体を痛めて子供を産むから、
その子に障害や異変があったりすることをとても恐れます。
たとえば、子供が自閉症であった場合、その子の親などは
「自分が周産期のときに悩んでいたからだ」などと自分を責めてしまうことが多いです。
父親以上に自分を責めてしまうのです。

ボクの同級生は、お母さんですから、同じ思いを持ったのかなあ?
発達が少し遅かったので、仕事も辞めたと言っていました。

ぼくも、わかる限りの情報を送りたいと思いました。
彼女は言っていました。

「育児雑誌はあるのだけれど、正常発達が前提だから、参考にならない。発達遅滞の子の育児雑誌はないの?」

もしこの記事を読んでくれて、何か知っていましたら、


「是非!情報をください。!!!」
ラベル:発達 リハビリ
posted by ぷーーさん at 00:06| Comment(11) | TrackBack(19) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もよろしくお願いします。

3年前、今勤務している小児科で一緒に仕事していた人のお子さん(第2子女の子)が1歳6ヶ月で歩けず、脳はもとより筋肉、血液ありとあらゆる検査して、それでも幸い何の異常もなく・・・
しかし、身体は1歳6ヶ月相当の大きさなのにまったく歩けず、はいはいばかりして、寝返りすらしませんでした。身体もふにゃふにゃしてました。
上の男の子が、それこそ、「育児書どおり」の発達をしていただけに、彼女の心配は相当なモノでした。せめて、伝い歩きでもしていれば「そのうち」なんて思えるんでしょうけど。ウチのクリニックにもよく来ていたから、私もお子さん見ていました。
結論から言いますと、2歳で突然歩き始めたんです。
しかし、それまでの半年間、それこそ、小樽まで行きリハビリ受けたり、保健センターで運動療法士の先生に週一回お世話になったり。
でも、ホントにまったく歩けなくて、歩く気すらなく、ハイハイか、座ったまま、「ママー」と呼んで、「あっち、あっち」と行きたい方向を指示していました。
周りのお母さんから「奇異な目」で見られてつらいと言っていました。
何の参考にもならないかも知れませんが、こういう例もあるとお伝えしたくて・・・

もう一つは私の姪っ子で彼女は1歳10ヶ月の時股関節の手術を受けました。大手術でした。姪っ子のみゆきは、姉が36歳にして初めて授かった子で、姉も必要以上に?!健診(自費も含め)受けていました。もちろん生後4ヶ月で受けた股関節脱臼も異常なしと。
ところが、1歳半で伝い歩きしか出来ず、その歩き方が片足を引きずるような感じで、私も心配していたんですが、大学病院で検査の結果股関節が少しずれたまま?成長してしまい(専門用語、正式病名忘れてしまいました。口頭でなら説明できるのですが)手術によってきちんとはめたんです。手術によらず牽引とかも施行してみたんですが、改善されず手術になりました。おかげさまで、今小4ですが、歩くことはもとより、運動も活発にしております。長くなりましたが、二人とも今では、笑って話せるけど、その時の心配と来たら・・・
なので、ぷーーさんの同級生の方のご心配お察しします。
Posted by ヤス at 2008年01月09日 22:43
記念すべき500番みのキリ番は?
「ぷーーさん」
でした。ってなんか悲しや。

ヤスさんありがとうです。
この記事そのまま彼女に伝えたいですが
そうも行かないので、
同様の内容を伝えておこうと思います。

すごいデリケートな内容に思えて、
どんなアドバイスがいいか悩んでいるのですが、

喜んでいる返事を貰ったので
出来る限りのことを伝えようと思っています。

ほんとうに、ありがとう。
Posted by ぷーーさん at 2008年01月10日 00:32
うん・・・難しいよね。
他にも、患者さんの中に何人か「発達遅延」のお子さんいて、でもみんなそれぞれ、今では「そんなこと相談しましたっけ?」って感じです。確かに中には脳性麻痺だったお子さんもいますが。
しかし、私は、姪っ子のことを心配する姉に対し「気にしすぎだよ!子供はみんなそれぞれなんだよ。そのうち歩くよ」と言っていたので、「こんな事もあるんだ・・・」とすごく反省しました。
だから、一緒に仕事していた彼女にも、整形外科的にも診てもらった方がいいとアドバイスしました。結果的には違ったけどね。
ぷーーさんの方が専門ですが、簡単に言うと、姪っ子は何らかのはずみで、股関節と骨頭の間にわずかなスキマが出来、その隙間に組織が出来て、外科的手術で取り除き、きちんと正常な位置に関節をはめた・・・と言うオペです。

そのお子さんもいい結果になるといいですね。では、また、ブログおじゃましますね。
今月いっぱいで仕事辞めるので、今は引き継ぎやら、カルテの移動やら(今は電子カルテですが、紙カルテを整理して書庫に保管の作業)今月は休み無しで、ふらふらです。
45歳はつらいです
Posted by ヤス at 2008年01月10日 20:13
やすさん!見た目20代だから、パパンダと
「えー!!!」でした。やすさんの最後の一言。。。プププ
ぐりぐらちゃんと並んだ写真、3姉妹?っておもったしぃ〜。


子供を産むって、正常に生まれる方が奇跡なんだよね。
4人も子供産むと「何にもないはずがない」って覚悟できてたから、なんとかここまできた気がするよ。

お母さんは、「母」として「覚悟」したいんだ。その問題の受容が出来た時、はじめて現実を受け止められる。

Posted by るぱんだこぱんだ at 2008年01月10日 21:56
ホントにそうだね。
4人のお子さんが元気に育っているって
素晴らしいことだよね。

道東(弟子屈って道東?)
寒そうだね。道内最高の「最低気温」マイナス21.9度って・・・

今日のぷーーさんのブログのコメになっちゃいましたが。
るぱんだちゃん、お体大切にね
Posted by ヤス at 2008年01月11日 08:47
やすねーさま!
ありがと(^^)

弟子屈は近いよ。道東でしゅ。
Posted by るぱんだこぱんだ at 2008年01月12日 00:47
同級生さん心配ですね。
うちはなかなか子供が出来なくて・・・。
欲しい気持ちは強いんだけど、今すぐ産んでも高齢出産という年なので正常な子が出来なかったらどうしようと言う気持ちも少しあります。そんな気持ちがあるから神様はまだ子供を授けてくれないのかな、私のせいなのかな、と思うこともあります。
ふっちゃんさんの言うとおり女性の方が責任を強く感じてしまう問題なのかもしれませんね。
私事ばかりですみません。

さて、情報というほどではないし、すでにご存知であるかと思いますが、北海道出身の高野優さんという漫画家の次女が発達遅延だったと思います。体が柔らかく2歳ぐらいまで歩けなかったとか。
小さい頃から泣く子を連れてリハビリに行った話や、落ち込んだり自分を奮い立たせた話を漫画の中で紹介しています。
子供のいない私が読んでも涙ぐんだり勇気をもらったりしていますので、もし同級生さんが読んでなかったらお勧めしてみては如何でしょうか?
育児書ではありませんが同じ悩みを持つ母として少し気が楽になるのではと思います。
3姉妹の育児漫画を何冊か出版されていてその中のいくつかは次女の発達で悩んだ時期の内容なのですがタイトルは忘れてしまいました。すみません・・。

同級生さんのお子さんがいい結果であることお祈りしています。
Posted by yochi at 2008年01月12日 11:40
yochさん。おひさデス。
いい情報をいただきました。
ヤスさんの話も合わせて、お話しさせていただきます。

ありがとうございます。
Posted by ぷーーさん at 2008年01月12日 18:29
はじめてコメントいたします。
先日はトラックバックありがとうございます。
実は、わたしは子どものころは脳性麻痺?だったらしいのです。
参考になるような話ではありませんが、その事を、自分のブログに書いてみました。

ご友人のお子様が、元気に大きくなられますようお祈りします。
Posted by naoful at 2008年02月06日 12:06
コメントではなく、内の子の事をお話ししたいと思います。 
2006.8.3 2502cで優斗は産まれてきました。新生児室に居る時ミルクも飲まずずっと寝てばかりでした。1ヶ月半ぐらい家に帰って来れませんでした。家に帰った夜からモロ-が酷く続いてました。優斗が3ヶ月ぐらいした時、高熱が出てミルクの飲みが悪く入院する事になりよく目を白目にする事を医師に伝えた時ねんの為CTを撮ったら左前頭ようの脳性麻痺と言われ、現在では少しだけ伝い歩きが出来るようになり週に1回リハビリに通ってます
Posted by エリママ at 2008年12月03日 11:14
エリママさん。
はじめまして、辛いことを告白してくださいましたね。
でも、新生児には可能性があるんですよ。
左前頭葉の麻痺とのことですが、
あらかじめ予定していた場所の脳細胞が壊れてしまっているということ、
でも、人間の脳はどんなに天才でも数十パーセントしか使っていません。

僕の担当患者に出生児の左脳梗塞で、言語獲得はあり得ないといわれていた子ですが、
今ちゃんと言葉を話しています。
新たな場所に言葉を話す脳が出来ていったんです。

しっかりお子さんを見つめて援助していけば、
完璧ではないにせよ、
新しい脳が作られていきます。
Posted by ぷーーさん at 2008年12月08日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

医療ニュース&厚 生 労 働 省&F D A& 『週刊医学界新聞』ニュースサイト紹介!日野原重明先生
Excerpt: 医療ニュース&厚 生 労 働 省&F D A& 『週刊医学界新聞』ニュースサイト紹介!日野原重明先生に伺う FDAは緑豆缶詰によるボツリヌス菌中毒の可能性を警告。New Era Canning社は製..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 08:28

うつ病と低骨量
Excerpt: 「紹介」うつ病と低骨量:Depression and Low Bone Mass:2007 December 18 うつ病は、高アドレナリン作用状態、高コルチゾール血症、炎症性サイトカインの増加..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 08:48

障害をもつ小児のQOL
Excerpt: 「紹介」障害をもつ小児のQOL Quality of Life for Disabled Children:2007 July 24 身体障害をもつ小児のQOL(Quality of life..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:02

脳性麻痺小児の生活を改善する
Excerpt: 「紹介」脳性麻痺小児の生活を改善する Improving the Lives of Children with Cerebral Palsy:2007 November 08 脳性麻痺は日常生..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:07

脳性麻痺小児の流涎の治療
Excerpt: 脳性麻痺小児の流涎の治療 Treating Drooling in Children with Cerebral Palsy:2004 September 14 流涎は、脳性麻痺の小児に多くみ..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:17

新生児のMRIは神経発達学的アウトカムをきわめてよく予測する
Excerpt: 「紹介」新生児のMRIは神経発達学的アウトカムをきわめてよく予測する Neonatal MRI: Highly Predictive of Neurodevelopmental Outcome 2..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:21

超早期産児の長期予後はよくない
Excerpt: 「紹介」超早期産児の長期予後はよくない Extremely Preterm Infants: Poor Long-Term Prognosis:2005 January 18 超早期産児の認知..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:23

超低出生体重児は正常に発達しない
Excerpt: 「紹介」超低出生体重児は正常に発達しない Very-Low-Birth-Weight Infants Do Not Develop Normally:2003 February 11 超低出生..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:26

分娩時の急性低酸素症は脳性麻痺をめったに引き起こさない
Excerpt: 「紹介」分娩時の急性低酸素症は脳性麻痺をめったに引き起こさない Acute Hypoxia During Labor Seldom Causes Cerebral Palsy:2006 June 2..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:28

未熟児無呼吸発作に対するcaffeineの有効性と安全性
Excerpt: 「紹介」未熟児無呼吸発作に対するcaffeineの有効性と安全性 Efficacy and Safety of Caffeine for Apnea of Prematurity:2007 Nove..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:30

脳性麻痺小児に対するボツリヌス毒素
Excerpt: 「紹介」脳性麻痺小児に対するボツリヌス毒素 Botulinum Toxin for Children with Cerebral Palsy:2007 July 05 小児脳性麻痺の治療につい..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:32

気管支肺形成異常に対するカフェインの効果
Excerpt: 「紹介」気管支肺形成異常に対するカフェインの効果 Effect of Caffeine on Bronchopulmonary Dysplasia:2006 June 09 メチルキサンチンは..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:35

新生児の蘇生に対しては酸素か、空気か?
Excerpt: 「紹介」新生児の蘇生に対しては酸素か、空気か? Oxygen or Air for Neonatal Resuscitation?:2004 October 29 実際上すべての蘇生ガイドライ..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:37

超早産児の 6 歳の時点での神経学的障害と発達障害
Excerpt: 「紹介」超早産児の 6 歳の時点での神経学的障害と発達障害 Neurologic and Developmental Disability at Six Years of Age after Ext..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:54

早期産児の神経発達上の転帰を予測するための新生児 MRI
Excerpt: 「紹介」早期産児の神経発達上の転帰を予測するための新生児 MRI Neonatal MRI to Predict Neurodevelopmental Outcomes in Preterm Inf..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 09:57

一酸化窒素吸入療法を受けた早産児における神経発達の転帰
Excerpt: 「紹介」一酸化窒素吸入療法を受けた早産児における神経発達の転帰 Neurodevelopmental Outcomes of Premature Infants Treated with Inhal..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 10:00

低酸素性虚血性脳症の新生児に対する全身低体温療法
Excerpt: 「紹介」低酸素性虚血性脳症の新生児に対する全身低体温療法 Whole-Body Hypothermia for Neonates with Hypoxic-Ischemic Encephalopat..
Weblog: SFD :SuperFamily-Dentist
Tracked: 2008-01-09 10:03

【脳性麻痺】についてのお得なブログリンク集
Excerpt: 脳性麻痺 に関する最新のブログ検索の結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報を集めてみると…
Weblog: 旬なキーワードでお得なブログのリンク集
Tracked: 2008-01-11 05:17

私は脳性小児麻痺でした
Excerpt: ほとんど誰からも読まれていなくて、ほとんど誰にもURLも伝えていなく、自分からは
Weblog: 意外と普通かもしれない
Tracked: 2008-02-06 11:53
スピード登録&高額収入ならDPアフィリエイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。