2008年12月16日

この国は「エコ」なんですかねぇ???

この前。うちの電子レンジが壊れました、、、、081215_234226.JPG

H01のエラーが出ると全く操作を受け付けません。

で、インターネットで調べました。

http://as76.net/dai/rep/m_oven.htm

これによると、操作パネルと、本体駆動部分の通信エラーだそうです。

で、何回かコンセントを抜き差しすると使えたりします。

そんな、深刻な感じじゃないなと思いました。

それで釧路まで車を走らせ、「ミスターコ○セント」なるところへ、
持って行きました。
買った店に併設している修理受付です。

調査料に1000円取られて、

「1万円以下なら直してくれ」

って、置いてきました。


数日後、電話きました。

「このエラーはメイン基盤と、本体基盤の通信エラーです。」

おうおう、それは俺も調べたからしっとる、、、、

「修理はメイン基盤と本体基盤の交換になるので2万3000円ほど掛かります」

?????

「廃棄されるのでしたらこちらで廃棄しますが、、、、」

ワレ!なにいっとんじゃー!!
何で基盤同士の通信エラーで基盤ごと換える必要があるんじゃー!
使えるときは使えるのだから、基盤は大丈夫じゃないのか??




僕は切れた!!!

いや、持ち帰るので取っておいてください。週末に伺います。

電子レンジはマグネトロンとかいう高圧の部品があるので、
1万円以下ならプロに頼もうとか思ってたんですが、
あんなこといわれて腹立ちましたので、

自分で空けてみることにしました。

いわれてみれば簡単なこと、、、

操作基盤は開閉式の扉についていて、
メイン基盤は箱のほうについています。
そこを15センチくらいのコネクタケーブルでつながっています。

一本一本テスターでそのコネクタの端と端をチェックすると、
断線しているところがありました。

そこを半田で直してやると、、、、

「ほれみい!直った!!!」

この国は、先進国だ、エコだっていっているけど、
すぐに新品買わせようとします。
医療機器だってすぐです。10年も使うと、
部品がないとかいって買い換えろという。
何もそこらの部品なんかで直るのに、

昔は、パソコンの部品がダメになったとき、メーカーの相談窓口に行くと、パーツカタログがあって、パーツだけ頼んで、
自分出直したんですが、今家電パソコンは全部本体を送らないと直してくれません。それで、法外な修理費を請求してくる。

この国は、、、、

エコなんかじゃないぞ。!!

昔のほうがずっとエコだったよ、、、、

PS.直ったはずのレンジまたH01が出始めました。構造上の問題だね、れって、、、、


ラベル:エコ 家電修理
posted by ぷーーさん at 00:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

やっぱ暦には逆らえないのね!

今年は道東の我が町も12月10日過ぎても
まともな雪すらありませんでした。

12月といえば子供達の通学路の水たまりは氷が張って
ことも達がわざわざ踏んで歩くもんだから小汚くして帰ってくるんですが、
今年は氷が張る日もごくわずかで、、、

て、それは先週までの話。
私の住む街は、12月は北海道一寒いのです。
と、いうことは「全国一」寒いってことです。

でも今年は、氷点下すら少ない。
いつもは「マイナス20°」って日があるんだけれど、、、

でも今日はきましたねえ、
これ、
公用車1

って、これは珍しくないんですが、

これですこれ、

公用車2

外側はね、
「ガリガリ」でひっかきゃいいんですよ。
http://papanda3.seesaa.net/article/77656253.html
(過去ログ見てね”ガリガリ”)

今日は内側が凍ってんだもん。。。。。。


これは暖まるまで運転できないんです。ふらふら

冬らしくないのはらしく無いなりに寂しいけれど
有り難かったりもして、、、、

でもやっぱり

冬は来る
ラベル:冬将軍
posted by ぷーーさん at 23:38| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

「こくわ」の実またとってね

♪山へ行こう
♪次の日曜


これはドリカムの「晴れたらいいね」の出だし。

ドリカムの吉田美和さんは道東池田町の出身です。

「晴れたらいいね」

でこんな一節が、、、、

「一緒に行こうよ ’こくわ’ の実また採って ね
  かなり 頼れるナビになるよ 」

その、’こくわ’がこれバッド(下向き矢印)です。

コクワ.jpg

コクワとは、べつめい”サルナシ”といいます。

サルナシ(猿梨 - 学名:Actinidia arguta)とは、マタタビ科マタタビ属の植物。別名:シラクチカズラ、シラクチヅル。果実はしばしばコクワと呼ばれる。

日本、朝鮮、中国などに分布する雌雄異株の蔓性の落葉樹で本州中部以南の温暖地では、概ね標高600m以上の山岳地帯に自生する。花色は白で、また果実は雌株に近縁のキウィフルーツを無毛にして小さくしたような緑色の2〜3cm程度のものが熟し、果実酒などに使用したり、味もキウィフルーツによく似て生食にも適する。野生果実としてはかなり美味で、栽培果樹にも匹敵すると評価されることもある。

キウィフルーツの日本での栽培の開始は、本来サルナシ果実の味に魅せられた農家が栽培果樹化を試みたが、その困難さにこれを断念し、近縁なキウイフルーツが中国南部からニュージーランドに導入されて栽培果樹化されていることを知って、これの日本導入に切り替えたことに始まるというエピソードもある。

野生動物ではニホンザルやツキノワグマ、ヒグマなどが好んで大量に摂食して種子散布に貢献し、クマ類がこればかりを大量に食べた後の糞の外見はキウィフルーツのジャムに酷似する。このように、ヒトを含む哺乳類の味覚の嗜好に適する点、鳥類による種子散布に頼る植物の果実の多くの色が赤色か黒色である点、哺乳類に発達した嗅覚を刺激する芳香を持つ点から、主として哺乳類の果実摂食による種子散布に頼る進化を遂げた植物であると考えられる。



ところで、昨年は”ヤマブドウのジャム”を作り好評でしたが、
http://papanda3.seesaa.net/article/59706314.html
バイキングなどでヨーグルト用のジャムに緑色のジャムがありますよね、
(あまり美味しそうに見えないのだけれど、、、)
あれはキウイのジャムです。

ということで、今頃山で採れる「コクワ」もキウイの仲間、
味も似ているので
そう、作りました。

”コクワのジャム”

つくりかたは、至って同じ、

@コクワの芯をよくとって、あらいます。そして同量の砂糖を入れ、煮る。このとき、ブランデーなど入れて香りを整える。

コクワ煮る.jpg

A金網で濾して、殺菌した瓶に入れる
コクワジャム.jpg

Bできあがり

「緑色のジャム」


決して見栄えは良くないのですが、
毎朝うちの”まあちん”はパンにつけて朝食にしています。


ラベル:ドリカム ジャム
posted by ぷーーさん at 22:16| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

みゅうの足、パパにあげる。

今年も観ました24時間テレビ。

マツジュン主演のドラマ

「みゅうの足、パパにあげる」

がとても良かったので、ご報告。


いつも難病を抱えた人物の話、
ガン告知で亡くなるまでの話、

よく見るドキュメントタッチのドラマですが、
今回のドラマはちょっとタッチが違っていました。

ストーリーはごく普通の大学生がごく普通の結婚をし、(できちゃった婚のようですが、、)
一人の女の子が生まれ、普通の生活を送っていたものがある日突然、

CDIP:慢性炎症性脱髄性多発神経炎

という難病にかかり、握力も、歩く力も失われ、働くことも出来なくなって絶望の縁に立たされた一人の男性とその家族。

そしてそれを受け入れるまでの苦悩と、周りとの闘いを描いたドラマです。

このお話には、ごく普通の何処にでもある家庭が、
ある日突然絶望の縁に立たされることがあると言うことと、
そこで味わう絶望感、家族の苦悩。
そこで「障害受用」するまでの周りの働きかけ、本人の葛藤が

リアルに表現されていました。

私は理学療法士ですが、

「障害受用」

という言葉は良く出会う言葉です。
ただ、それが自分の元に来るなんて思いもしなかったりします。

男が、家庭を持ち、そして働く。働いて家族を支えることが、
ステイタス。

それが何の過失もないはずなのに、突然奪われてしまう。

男は、「弱い」です。
ステイタスが奪われると、死にたくなるくらい落ち込みます。
でも、彼はそのステイタスを失い(仕事)、死ぬことすらも出来ない体になってしまった。

でも、そこで強い妻のこころと優しい子供の愛がそれを救います。
ぱぱは勝手に、こんな役に立たない自分ならいっそ死んでしまいたい。
というのです。

でも、妻や子供はパパその人が好きなのであって、かけがえのない存在なのです。
「かっこつけないで」「ありのままを受け入れて」
と妻は言います。
でも、プライドが彼の心を解き放てない。

でも、ぼくも今はその意味がわかります。男だからわかるんです。
次元は違うけれど、同じ思いを通過しましたから。

あと、脳卒中の患者扮する石原良純サンの言葉も印象に残りました。

主人公の男性が何もかも受け入れられずに、「死にたい」という気持ちでいっぱいの時、

リハビリ室で、その脳卒中の患者さんに「お酒をくれ」とせがみます。
そしてひと言、「どれくらい一度に飲んだら死ねるかな?」

そこで脳卒中の患者さんが一喝します。
「リハビリに来ているやつは、みんな”生きる”ために必死な奴らなんだ。おまえみたいなやつがここにいたらすべての患者に対して失礼だ、でていってくれ」って、

いつもリハビリの女の子にデートの申し込みばかりして、
こっそりお酒飲んでる、不良患者が
しっかり「命の言葉」をなげかけます。

そして、笑うことのない担当医も、しっかり彼を支え続けます。
「厳しい言葉」で、

無理して歩こうとするリハビリ中の彼を見て言います。
「あなたがすることは今がむしゃらにリハをすることではない、
ずっと闘っていかなければならないこの現実を受け入れることだ」と

一見ものすごく冷たい言葉なんだけれど、
本当のことはそこにあるのです。

そして、関わったすべての人々が、真剣に彼と向き合って
支えていたと思います。

一番重かったのが、入院中の彼を見舞い七夕の短冊に書いた
5才の娘のひと言「みゅうの足をパパにあげる」

みゅうちゃんは、ぱぱが大好きだったんですね。
自分の足をあげてまでもパパと一緒の暮らしを望んでいたんです。

愛の力はすごいですね。

この話のモデルとなった方も、今この辛い病気を受け入れて、
不自由ながらも、一生懸命

「生きています。」
posted by ぷーーさん at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

無念!星野ジャパン、そして野球の未来

無念!星野ジャパン。痛恨のメダルなし!

オリンピックが閉幕しました。
10日間の日程で行われた五輪野球。

韓国の金で閉幕しました。

崖っぷち予選4位から始まった準決勝。

韓国戦は先制しながらもまさかの逆転負け、

そして失意の3位決定戦。
対アメリカ、こちらも先制しながらまさかの逆転負け、

敗因は何だろう?

監督の采配?人選ミス?
いろいろ言われているけれど、、、、、

まず準決勝の韓国戦。

観ているほうすらも、いつ打たれるかもと、韓国打線に怯えていたような気がします。
一方韓国ベンチはどうだったのだろう?
きっと、先制されても臆することなくどんどん向かってきたのでしょう。
その気迫になぜか押された星野ジャパン。

3位決定戦でもその流れは変わらず。
早い回に先制しても、追加点採れずにずるずると追いつかれ、
守備の崩れからの逆転まけ。

帰ってきたプロ選手達、
新井も川崎もけがで今期絶望!

みんな疲れ果てて疲弊して帰ってきました。

一方ソフトボールは
2日で400球以上も投げ続けた上野投手の活躍と、
バックナインの一体感で、2度闘っても負けていたアメリカを
見事打ち破り、

「金メダル」

僕は、今でも言います

「ニッポンの野球は世界一だ」と。

でも、今回の野球観て思ったことは、
自分の中にもあったのだけれども、監督の言葉の中にも
ありました。

それは、、、心の中にありました。

「傲慢さ」


予選で韓国に負けたとき
「何で韓国に負ける?」と思った。
そしてアメリカ戦
「なんでメジャーリーガーでなく3Aの選手にまで負けたの?」
そう思った。

一方、ソフトボールジャパンは、挑戦者の心意気を持っていました。
それは投手上野選手が筆頭です。

彼女は前回のオリンピック、決勝アメリカ戦で控え投手として
準備していました。
しかし、出番無くニッポンはアメリカに敗退。

そこから4年、彼女はその悔しさを忘れなかった。

「誰からも信頼される選手になろう」

と、打倒アメリカに立ち向かった。

そして、北京本戦の予選、準決勝でも勝てなかったアメリカに、
前日ダブルヘッダーで投げたのにもかかわらず、
決勝で再び投げ、見事な完投勝利!

このたび失意の日本野球界ですが、
世界一の思いは捨てません。

あのキューバも、韓国だって、日本の野球理論をまねているように思います。
野球先駆者であるニッポンはまた新しい一歩を踏み出さねばなりません。

「国際化です。」

五輪での野球はここでいったん終了しますが、
今大会で、野球の裾野はむしろ広がっていることを実感しました。

あの、「力」のキューバが細かい戦術を使っきました。

そして、隣の韓国は、国際ルールで国内リーグを行い
北京で見事な金メダル。

日本、格下と思われたカナダとの薄氷での勝利。
前回は準決勝でオーストラリアに負け!

エキシビジョン以来、アメリカとキューバで争った金メダルが
今回アジアの「韓国」へ、

誰が予想し得たでしょうか?

「ベースボール」

はもはや北米や日本のものではないんです。
ドミニカ共和国、ベネズエラ、

まさに世界野球時代の到来!

ニッポンはここで「伝統がある」
なんて言っては居られません。

まさに、今年の北京五輪!
柔道と野球ではそれが証明されたように思います。


「伝統」


だけでは勝てません!

まさに温故知新!

新しい時代に向かって!
もう一度立ち上がりましょう!

ニッポンの野球は世界一だと

もう一度宣言しよう!



posted by ぷーーさん at 23:03| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

とにかく頑張れ!「星野ジャパン」

私はとにかく野球が好きです。
決して上手くはありませんが
プレイするのも、観戦も大好きです。

オリンピックもとにかく観るのは

「野球」と「ソフト」

オリンピックもあのJUDOも
今はヨーロッパ中心の考えで動いてると思います。

パーっとてきな、盛り上がり的な快楽的な
そんな思考のヨーロッパ人には
野球の緻密な世界は理解できないのでしょう?

きっと、ルールも理解できないんだろうね。(笑)

ともかく、北京オリンピックを持っていちど、
「野球」「ソフトボール」
は姿を消します。

星野ジャパン!

今日もキューバに引き続き韓国にも負け。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


僕は、日本の野球は世界一だと思っています。
いや、みんな日本から野球を学んでいったんだよ。

苦しい試合が続く、、、
でもね、それこそ神の用意したシナリオだと思う。
こんな毎試合毎試合胃の痛くなるような展開ばかり、

でも、テレビでしか観てないボクも心中する覚悟です。
最後まで「観ます」

ぶっ倒れるまでやろう!

野球は、最後までわからないスポーツです。
サッカーは時間が来たら笛が鳴るから、
点差が開くとどうしても逆転は難しい。

野球は「違います。」
9回裏2アウトで10点差だって
逆転可能なのです。

9回の裏3アウトまでは、絶対に勝負かつかないんです。

今日もあと一歩だったなあ。

プロの選手の皆さんも、こんなに悔しかったことはないと思う。
この一体感がある限りは「大丈夫」

一試合ごとと結果ではなく、
金メダルを取るまでの課程そのものが
9回までの野球の試合そのものだと思っています。

金メダルへの道はまだ中盤にさしかかったところです。
9回3アウトまで戦い続けなければ「金」はもらえないんです。

くるしいけれど、

「頑張れニッポン!」

日本の「野球」の歴史と未来を載せて、
星野ジャパンは闘っています。

「なんだあ韓国にも負けたのか、たいしたことないな、」

なんて言っているやつ!

9回3アウトまで野球はわからないんだ。

そんなこといわず、最後まで声援を送ってください。

「頑張れ!星野ジャパン」
posted by ぷーーさん at 01:30| Comment(5) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

マイケル・ムーア監督「sicko」シッコを観た!

さて、ずいぶん前の映画です。
うちでゆっくり観させて貰いました。

マイケル・ムーア監督といえば
前回は「華氏911」
ドキュメンタリータッチの映画がお得意。

「Sicko」シッコは尿のことではありません。
アメリカの医療の問題を他国と比較しながら暗くならないタッチで見事に表現しています。

アメリカはご存じの通り、国民皆保険は存在しません。
医療を受ける場合は10割を負担しなければなりません。
救急車も同じです。

医療費はとてつもなく高いです。それは他国でも変わりません。

では、アメリカ人は皆裕福で、10割でも医療費を支払えるのか?

そうではありません。民間の医療保険でそれをまかなっているのです。

でも、私たちもそうであるように、民間医療保険に入るには審査があります。

アメリカはまずそれでかなりの人間が加入できません。
「太っていても」だめ。「やせてすぎていても」ダメなんです。

さらに支払い。
保険会社指定の病院でないとダメ。救急でも、、、
診断がついても「その年齢でその病気にかかるはずがないからダメ」
なんてとんでもない理由で、支払いは却下。
だから、診断がついて手術を受けたくても、保険屋に相談したら
保険料を支払えないと言われるから結局手術を受けられない。

以前、かのヒラリー・クリントンさんは
欧州並みの国民皆保険の実施を掲げ動いたそうです。

しかし、政府関係者と医療保険会社大手は手を結んでいて、
保険で儲けた金を政治家にばらまくんです。
結局ヒラリーもそれを受け取ってその時からいっさい
国民皆保険のことには口をつぐんでしまったそうで、、



さて、日本は国民皆保険の国??ですね。

他国にも皆保険を実施している国はたくさんあることを知りました。

イギリスは働いているものは約6ポンド少々(1500円くらい)
を支払えば薬をいただけるし、病院も無料。収入のないものはすべて無料。

医師はすべて公務員でしょうね。給料は日本円で1000万から2000万の間と言うところ。わりと裕福です。
さらに、患者の回復度合いに応じてボーナスがあるそうですよ。

フランスも国民皆保険。すべての医療費が無料。
ドイツも、キューバも国民皆保険。

日本の国民皆保険は崩壊に向かっていますが、
アメリカで受けるべき医療が受けられずに死んでいく人たちを
みました。

だから、なんとしても守っていかないといけないと思いました。

裕福だから病気にかからないとは言えない。

「おたがいさま」だからね。
助け合わないといけません。

前も言ったけれど、保険料を平等に支払えるのかどうかも問題ありますが、

世界第2位の経済大国なんですよね、この国は。
それで国民皆保険を守れないのは「恥」

なんとしても


国民皆保険を守りましょう。


それに、、、、

もっとよい制度にして欲しひ


posted by ぷーーさん at 22:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

「生存確認!」このブログは生きていますよー

ここ最近、ブログの更新が途絶えている。
いくつかリンクしたブログ友もあまり更新していない者がいる、、
やっぱり、更新は大変なのかな?、、、

「私は生きてますよーーー」


僕はブログの更新にはものすごい労力を投じている。

とにかく、自分からいろいろな投げかけをしてみたい!
そして、僕の考えを世に問うてみたい。
だから、考えて考えて無い頭を絞って書いているんだよ。


最近忙しいんだよね、

腰も痛いし、、、

とにかく

「生きてます。!」


皆さん見に来てねーー。
ラベル:ブログ更新
posted by ぷーーさん at 00:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

負け犬の戯れ言「ソレって本当に不公平?」

この前のニュースで、年金制度見直しの案について
消費税を20%くらいにして、年金徴収は廃止という案を報道していた、

賛成意見→「不公平感がなくなっていいのではないか?」
反対意見→「今までまじめに支払っていたものに対して不公平感がある」

あと気になるニュースといえば
「後期高齢者医療制度」

これは、今まで収めなくて済んでいた75才以上のものにも、
保険料を納めてくださいというもの、、、

僕は、「不公平感」という言葉に対して違和感を感じています。

もちろん世の中は競争社会だから、貧富の差はあります。
あって当然です、競争の考えがなければ、
共産主義が失敗したように、世の中は発展しなくなってしまう。
つくずく人間は怠惰な生き物だと思う。
それゆえ、貧困の苦しさから抜け出すために、
体を使い、知恵を使い、「はい上がろう」と人は努力しなければならない。

一方、人間は博愛の考えを持たなければならない、

それは、人間はパンのみによって生きるにあらず
「愛」によって生きるからである。

共産主義は、人間の豊かさを「物質量」でとらえたところに誤りがある。

わかりやすい例で、フリーマーケットやオークションを考えてみよう。
その人にとって不要なもの、または、極端に価値が低いものが、
時に別の人間にとってものすごい価値のあるものとなることがある。

聖書にもこんな話がある。
双子のエサウとヤコブの話だ、
狩りに出ていた兄エサウは獲物が捕れず、極端に腹を空かしていた、
そこで賢い弟ヤコブは言う
「あなたが長子の特権を私に譲るなら、このパンとレンズ豆のあつものをあなたに与えよう」
エサウは大切な長子の特権をパンとレンズ豆のあつもので売った。

言いたいのは、国のやったことは共産主義のソレと変わらないのではないかと言うこと!

年金生活者、月々の年金は8万円、今後もっと減るかもしれない。
単独世帯が増え、持ち家の無いものもいる。
月々の家賃安くても数万円。
そして介護保険、保険料は年金から月々数千円を徴収。
さらにサービスを利用すればその1割を負担する。
介護度最高の5で利用限度額は358300円、故に自己負担最高で35800円

今の物価上昇はこれから10年か続くと言われています。
皆さんわかるでしょう、これでは年金生活者が生活できない。

人間一人あたり、1年の生活費ってどれくらいだろう?
年間200万もあれば、十分裕福な生活が出来ます。

年間数億稼ぐ人、税金にも沢山持って行かれるけれど、
無駄に使っていませんか?

ある富豪の娘が自宅に自分用のガレージがあるので、
運転免許もないのに「ガレージのために車を買った」といっていた、
そのお金、もっとほかのことに使えませんか?

人は生まれながらに最低限度の生活を営む権利があります。
これは法律の根拠となる憲法に謳われている「基本的人権の尊重」
にあたります。

消費税は、みんなから徴収できるから平等だ!


勘違いしていませんか?

私も裕福ではないけれど、
ビールに消費税20%かけるのは我慢します。
電化製品辛いけど消費税あがったら少しは我慢します。

でも、せめて、最低限度の生活のための食料品は勘弁できませんか?
そして家賃から消費税取るのですか?電気も水も取りますか?


国は日本国民全員の最低限度の生活を守る努力をしなければならい。

富豪層の幾ばくかの人間がこんなことを言う、

「僕たちは上から数%の人間いすぎないが、国税の何十%もの税金を払っている、ソレは不公平だって!」

本当にそうかなあ?
さっきも書いたけれど、一人の人間が贅沢に暮らすのに
500万円もかかりませんよ、

一般の大多数の人間が一生かかって稼ぐ額の家を持っていたり、
一般の人間の何十年分もの収入の価値のある貴金属を所有している。

それでもなお、不公平といえるのでしょうか?

私も貧しいながらに努力します。

我が町の方針に

「一人の不幸も見逃さない街作り」

というのがあります。

数%にすぎない高所得層の方々!

あなた方は何万人もの人たちを幸せにする力を持っているのではありませんか?


そのためにあなた方は神から力と能力と、運を授かったのではありませんか?

そもそも我々は自分が望んだように生まれ出てきたのでしょうか?
生まれながらに体に、精神に、環境にリスクを持って生まれた者
ソレは本人が悪かったのでしょうか?

生ける者すべてが幸せになる権利を有していると僕は信じます。

無駄を省き、不正をなくし、みんな幸せになれと願ったとき、
すべての人類が、最低限度の生活を一生送れるくらいの
生産活動を人間はしていると思うんだけれどなあ、







posted by ぷーーさん at 00:01| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

携帯ゲーム機「まあちん堂DS」

ちっちゃいときのまあちん

うちの三男坊「まあちん」

おそらく前世は、野生の狩猟民族、
土いじり大好き、外大好き。
家に閉じこめておくとそのうち発狂します。

そんなまあちんも今年一年生になりました。
ペンを使うこと、工作つくることがだーーいすき!

作りました!

完成!



「まあちんどうDS」
まあちん堂DS



で、「ソレ」で遊んでいるのは
四男の「のり」君です。

まあちんには期待しちゃうんだよねー

ぼくもつくるの大好き、壊すのも大好きで、
いつもなんか作ったり壊したりしてしまいますが、
小学生の時左利きを右になおしたので、
力加減がわからず、「不器用」なんデス。

まあちんも僕と同じ左利き、

左利きはなおしません!

「すき」を活かして、がんばってほしいなあ。
posted by ぷーーさん at 23:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

「相棒」とアニメ「メン・イン・ブラック」

aibou.jpg

さて、こちらグッド(上向き矢印)は「相棒」

いま、映画も公開されている大人気の刑事ドラマ。

水谷豊演じる杉下 右京と
寺脇康文演じる亀山 薫
とのコンビが抜群。

とくに杉下右京の切れすぎる頭脳と、何を考えているかわからない
変人さ、
これに対して亀山薫は、腰が重くて、お調子者で、
でもなぜか、「変人の」右京さんとは長く一緒にいても苦にならないようで、

ぼくは、入れ込んでみている方ではないですが、
今までの刑事ドラマの中では最も好きなドラマです。
とくに、右京さんの頭脳にはほれ惚れしちゃいます。

ところで、これ左斜め下しっています?(かなりマイナー系どんっ(衝撃)
MIB.jpg

なんだ、メンインブラックかって?
僕のお気に入りは、

アニメシリーズの

「メンインブラック」
です。

原作はアメリカのコミック
題材になっているのは矢追さんでおなじみ
エリア51に存在すると言われる「黒服の男」

漫画では、すでに地球では他星のエイリアンと共存していて、
常に地球はエイリアンの脅威に脅かされている。
その中で、エリートのなかのエリートから選ばれた
「メンインブラック」という組織の中で、
エイジェント達は地球の平和を守っているというお話、

映画になったトミーリージョーンズのエージェント「K」もいいんですが、(今ジョージアのCMで宇宙人やってるよね。)

アニメシリーズの「K」が最高です。

エージェント「K」はMIB創始からのメンバーです。

かれは超・超・超クールで、感情は一切見せません。
そのくせ、勘も良く、そして深い思慮に基づいて
メンバー全員が最も信頼するベテランのエージェントとして活躍しています。

一方新入りエージェント「J」は並外れた身体能力を持ち、
考えるより先に行動するタイプ!

一見あわない二人なんだけれど、
KはJにとことん惚れ込んでMIBにスカウトしたんですよね、

KはJを絶対に「相棒」とは呼ばず、「若造」と呼びます。
そして、いくら頼んでもMIBの特殊自動車MTBの運転はさせません、、、

でも、ずっと見ていくとクールな「K」は「J」を
とことん惚れ込んでいて、「J」なしのコンビは考えられないという
「コンビ愛」みたいのが描かれています。
そこが、「相棒」にしても「メンインブラック」にしても、
見るものを引きつける要素だと思っています。

わざわざアマゾンの通販で買い求めました。
それも今時VHSテープでしか出ていないんです。
これ、バッド(下向き矢印)
VHSTAPE.JPG

ところで、最初のロゴ、
なんか「相棒」と「MIB」が似ているような気がして、
右京さんのキャラをMIBのエージェント「K」にかぶせてしまうんですよね。
きっと「相棒」の作家さんはMIBをすきに違いないって、、、


うちでは、みんなアニメ 「メンインブラック・ザ・シリーズ」
が大好きです。
台詞を暗記するほどに見ています。

皆さんもどうか一度見て欲しいです。

ええ、ええ

「ハマリます。」

でも、VHSデッキ持っていない人もいますよね、
ご希望でしたら、DVDにしてお貸ししましょうか?(でも著作権が、、、)
posted by ぷーーさん at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

日本一遅い?さくらが開花!!

5月6日、連休最終日!
ついにうちの周りにも桜が咲きました!
釧路市と、根室市は毎年「日本一遅い桜の開花」
で、争っています??
おそらく私の街も「日本一遅い桜」の町に入ります。
(釧路管内ですので、)

いつもより10日以上早いです。
桜は5月末に咲くものだとおもっていましたから、、、

うちの近所にあるお寺の境内でとても趣のある桜の木があったので
撮ってきました。
バッド(下向き矢印)
寺の桜

で、そこで写真を撮っているのは私の妻。
とっても上手に撮るので、アップしました。
バッド(下向き矢印)
ままの桜

長かった、桜の旅もここで終わると思うと、
なんか趣深い気持ちになります。

ラベル:
posted by ぷーーさん at 22:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月28日

「アフリカ」その2、情熱大陸で、、、

4月27日のTBS「情熱大陸」

獣医「滝田明日香」さんのお話でした。

なんでこの話に飛びついたかというと、
この前のブログ記事「TOTO アフリカ」の話とオーバーラップしたからです。

ケニアのセレンゲティ国立公園に接するマサイマラ国立保護区
あの、マサイ族の生活している地域です。

マサイ族はとても強くプライドが高い民族なので、
なかなか他国の民族と親密な交流を得るのは難しいようです。

彼女は獣医として単身この地で暮らします。
日本国内で活躍する獣医とはかなり異なるユニークな症例が多いようです。
野生の猛獣にかまれた牛とか、犬の伝染病により、
その犬を食したライオンが大量死したことなどにより、
近隣の犬すべてにワクチンを打たなければならないのですが、
なんと、マサイ族には信頼のある彼女しか飼っている犬へのワクチン接種行為が出来ないというのです。

ましてや、マサイにとって収入を生み出さない飼い犬は
いわばさげすまされた存在で、愛護的には扱ってくれません。
そんな人に怯えているような犬達に彼女はワクチンを打っているのです。

「狂犬病」の可能性もまだまだ高いそうです。
現在も狂犬病により亡くなった人たちがこのあたりには沢山いるのです。

命がけ、そしてこのあたりでは若くして亡くなっている人は普通。
彼女は単身者ですから、親戚に遺書のようなものを残して日々を送っていると言います。

同じ世界でもこれだけ違うものかと思いました。
「狂犬病」
なんて、過去の病気と思っていましたから、、、

改めてTOTOの「アフリカ」の対訳を読み返しました、
(参照http://papanda3.seesaa.net/article/91783781.html

ちょうど、ケニアのセレンゲティ国立公園が詞に歌われています。
こんなところにわずかな人数で赴いた医師達、
こんなに命がけだったのか、、、

そして「ついてくる」決心を堅め、愛する人のもとへ向かう彼女
彼女もどれほどの葛藤があっただろうか、、、

「そう!僕たちは正しいことをするんだ」

だけれど、異なる考えを持った民族、
知らない伝染病、
不衛生な環境、

やっぱり僕にはとうてい

まねできないなあ


posted by ぷーーさん at 00:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

TOTO「アフリカ」

先週のフジテレビ「スマップスマップ」
に、TOTOが出演していた!
TOTO(トイレの会社じゃないからねっダッシュ(走り出すさま))は
僕らが学生だった1980年代の洋楽アーティスト、
あの頃は日本も洋楽が盛んでした。
深夜MTVやベストヒットUSAをかじりついてみながら
受験勉強をしていたのを思い出しました。(僕はそんなに詳しくないけど)

さて、名曲「アフリカ」
洋楽聞かない人でも耳にしたことがきっとあると思います。

で、今更ながら和訳を探したんです。
当時発表されたアルバムTOTO IVでは歌詞がついてなかったそうで、

で、ネット検索したんだけれど、和訳も英文もまちまちでした。

和訳の方が「ラブソング」のニュアンスが濃いのと
「アフリカへの祈り」のニュアンスが濃いのがあって、、

昨日はちょっと興奮気味で調べたので長文につきあってね。
まず、英文()は別文


I hear the drums echoing tonight.
But(And) she hears only whispers of some quiet conversation.
She's coming in 12:30 flight.
The moonlight wings reflect the stars that guide me towards salvation.
I stopped an old man along the way.
Hoping to find some long forgotten words or(for) ancient melodies.
He turned to me as if to say,"Hurry boy,it's waiting there for you"

"Chorus:"
「Gonna take a lot to drag me away from you.
There's nothing that a hundred men or more could ever do.
I bless the rains down in Africa.
Gonna take some time to do the things we never had (have for you)」

The wild dogs cry out in the night.
As they grow restless longing for some solitary company.
I know (that) i must do what's right.
Sure as Kilimanjaro rises like Olympus above the Serengeti.
(like a limbless above the sad Kenya)
I seek to cure what's deep inseide,frightened of this thing that I've become.

[Chorus]

Hurry boy,she's waiting there fou you.

Gonna taka a lot to drag me away from you.
There's nothing that a hundred men or more could ever do.
I bless the rains down in Africa,(5 times repeat)
Gonna take some time to do the things we never had.

はじめに見た対訳
夜にこだまする太鼓の音が聞こえる
彼女がかすかに囁きかける声が聞こえるみたいだ
彼女は12時半の便でやってくる
月に照らされた翼に映る星が僕を導いてくれる
僕は道で逢った老人に話しかけた
長い間忘れ去られた太古の調べを見つけたくて...
振り向いた彼の顔はこう言ってるようだった
「急げ、若者よ、それは向こうでお前を待っている」

君から僕を簡単に引き離すことなどできるものか
たとえ100人以上の男が掛かってもできはしない
僕はアフリカに降る雨をたたえよう
君のために、僕らが新しいことをやるには
まだしばらくかかる

夜に吠える犬の声
彼らも休みなく孤独な仲間を探し続けているのか
僕は正しいと思う事をやらなきゃならない
悲しきケニアの空に一人立つキリマンジャロのように
心の奥底の傷をいやしたいのさ
自分がどう変わったかをおそれながら

「急げ、若者よ、彼女はあそこでお前を待っている」

( 対訳 武内邦愛 )



で、色々探していたら、こんな記事があって。

http://www.wafu.ne.jp/~windtown/life/l070509.html

この歌は、100人足らずでアフリカに国境無き医師団として
赴任している男が彼女を呼び迎えにいくときの歌なんじゃないか?って

で、出来たのがこの詞(ぼくなりに少しいじっています。)


こだまするドラムの音を聞く。
だけど、彼女が聞くのは静かな機内のつぶやきだけ、
彼女は12:30の便で来る。
月に照らされた翼に映る星たちが僕を彼女の方へガイドしてくれる。
道の途中で、一人の老人に足を止めたのは、
とうの昔に忘れられた言葉や古いメロディーを口ずさんでいたから、、、
彼はわたしにこう言っているかのように振り向いた。
「いそげ!すべてがそこで待っている!」

僕はこれからはずっと君とともにいる。
100人やそこらで出来ることなどほとんど無いけれど、
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように、、、
全く新しいことをやり遂げるのは時間のかかることだから、

野犬が今夜いななく。
彼らもまた、孤独な仲間を切望して眠らないのか?
そう、僕は正しいことをするんだ!
あの、セレンゲティ草原の彼方オリンパス山のようなキリマンジャロがそびえるように、
僕が目指すのは心の奥までのCURE(癒し)、その使命に怯えすら抱きながら、

僕はこれからはずっと君とともにいる。
100人やそこらで出来ることなどほとんど無いけれど、
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように、、、
全く新しいことをやり遂げるのは時間のかかることだから、

「いそげ、彼女はそこで待っている!」

僕はこれからはずっと君とともにいる。
100人やそこらで出来ることなどほとんど無いけれど、
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように、
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように、
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように、
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように、
どうか恵みの雨がアフリカに降りますように、

全く新しいことをやり遂げるのは時間のかかることだから、


この詞でこの曲を聴くと、
そうだいなアフリカの大地に立ち向かっていく男の
決意とか、おそれとか、彼女を待つ夜の風景とか
色々感じます。

いやー名曲だ!!

ここで見てみてちょ。
http://www.youtube.com/watch?v=6EVZ3PpLxTQ&mode=related&search=
posted by ぷーーさん at 00:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

止むのだろうか?地域崩壊。

先日「木の城」で有名な
栗山の建設メーカ「木の城たいせつ」が倒産した。
従業員500名以上が一斉解雇、

近隣の、中小の建設会社の倒産はしょっちゅう。

あらゆる情報が何処ででも受け取れるようになった。
江戸時代から見たら情報量は数万倍にもなっているという。

自由主義社会だから、競争は必須。
より安いところから、仕入れをし、
コストのかからないところで「SELL=売る」

郵政民営化!
ボクは反対の立場だった。

郵貯や簡保はまだいいさ、
でも、郵便事業だけは、、、

大手のヤマトや、ペリカン便も、離島への配達は
郵便局に委託している実際がある。
この細長く、海にも隔てられているニッポンで
1枚のはがきが均一50円で北海道から沖縄まで間違いなく届くなんて、
競争原理では成り立たないんです。
だから、公共のものだけは、守っていかなかればならなかったはず。
JRも民営では経済が成り立たないから、地方のローカル線は消えていった、

結局、国が先導して地方を弱らせていったのではないか?
税金の役割として、日本国民に平等な最低限の生活を与えるのが
その一つであると思っている。

だのに、今は国が貧乏だからって「都会に住め!」って半分強制してる。

「貧乏にしたのは誰?」
過去、世界1位の経済大国はその湯水のようにあったお金をどこにやってしまったの?

ODPで途上国を救おうとするけれど、
その前に自分の地元を弱らせています。

それは、自分の心臓や内臓だけを守って、手足を腐らせていくのと同なじ、

手足が腐ったら、本体も弱っていくだけ、、、、

次回は、病院の現状もお話しします。

資本主義は、末端から吸い上げていく経済システムなんです。
だから、根幹は末端に栄養を戻してやらないと行けない!

あいだみつをさんの言葉、、、


『うばいあえば足りないのに、分け合えばあまるんだなぁ』


確かに悪魔はいるんだろうか、
何かを得れば得るほどにそれを分け与えるのが嫌になる、、

自分もなかなか裕福だって思えないけれど、そこの意識から変えなくちゃね、

もう少し、お偉いさんの考えに
ささやかに、ささやかに、

反発してあがいてみようと思う、、、、
posted by ぷーーさん at 00:22| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月18日

短編ドラマ「ロス:タイム:ライフ」

2月1日から始まったフジテレビの一話完結ドラマ
「ロス:タイム:ライフ」
にはまっています。
毎週欠かさず見ています。

「ロス:タイム:ライフ」

は、言葉の通り、人生のロスタイムを過ごすお話しです。

主人公は、何らかの形で「死亡」することになるのですが、、、

その瞬間、時間が止まり、「ロスタイム」が電光掲示板に、、

自分が死ぬことを悟った主人公は、
自分が死んでしまうまでのロスタイムを宣告されます。
それまでの時間に、自分を清算できるのです。

ドラマのはじめの2回は写真ジャーナリストや刑事と自分からはややかけ離れた存在でした。

今週(2月15日)は、ちょっと身近で切ない物語でした。
20才になる娘と、来年高校に入学する長男、主人は普通のサラリーマン。
そして主人公が、友近演じる「一家の大黒柱?おかん」

決して裕福ではない家庭の中で、おかんは節約しながら
一家を陰で支えています。

「今日は”すきやきよっ”って」張り切るおかんに
「どうせ豚肉のすきやきだろって」かえす息子。
そして、「成人式の晴れ着はレンタルは絶対嫌」とごねる娘、

(でも、おかんは節約しながらみんなのことちゃんと心配してたんだよ。。。。。。)

さて、おかんは1枚のチラシから牛肉のタイムセールの
存在を知ります。そのスーパーに自転車で一目散に駆け出すおかん。
その道中、晴れ着の特売の看板に目を奪われたおかんは
道をそれ、石の階段にまっすぐに飛び込むことに、、、

そこで、笛が鳴り、時間が止まります。
そう、彼女はこの事故で亡くなってしまう未来だったのです。

さあ、ロスタイムの数時間。
スーパに向かったおかん。タイムセールの牛肉はすべて他人の手に、
彼女は葛藤の末、大枚はたいて、最高級の牛肉をたんまり買ってきます。

なにくわず帰ってきたおかんに、何も知らない家族達、
パンツのありかもわからない夫、宅配の認め印に実印を持ってくる息子、

おかんが「私は家族にとってどんな存在?」
と聞くと
一斉に3人で「おかんは一家の大黒柱!」

それでもおかんはみんなにひと言ずつ
「これからも頑張るんだよ」と言葉を残して、、、、
もうロスタイムはあとわずか、、、、

さいごに、おかんが娘に送ったメールには、
おかんが少しずつ貯めた「へそくり」のありかが、、、、
さいごに、「これで晴れ着を買うんだよ」って送ったんだね。

身近な話で、ホントに切なくなりました。
自分なしではなんにも出来ない家族を残して逝った
おかんはどんなきもちだったのだろう。

人間の生死はいつ来るのかなんて誰もしりません。
「いつも当たり前に来る日常」こそ、

「生きているという”奇跡”の積み重ね」

なのかな、なんて思ってしまいました。

いまボクは”奇跡”の積み重ねで生きています。

日々、

一分一秒を

どれだけ感謝して生きようか、

何を残して生きようか、、、






ラベル: ドラマ
posted by ぷーーさん at 00:40| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

人間ドック

人間ドック

”ドッグ”ではないです。たまに間違う人がいます。
「人間ドッグ」ならまるで人面犬??

ドックです。
よろしくメカドックのドック。
修理工場のこと”どっく”ていいますよね、
おそらくそれが語源!

今日は1年ぶりの人間ドックでした、
30才になってから、組合で補助があるので
毎年受けています。

検査項目は

身長体重、血圧測定
視力聴力検査、血液検査、尿・便検査
眼底検査、心電図、胸部レントゲン
腹部エコー検査、胃カメラです。

身長体重はBMIで肥満度を測定します。

【BMI】
 肥満度の判定方法の一つにBMI(ボディ・マス・インデックス)指数での評価があります。これは
体重(kg)/身長(m)2
で求められます。
 BMI指数の標準値は22.0です。
 これは統計的にみていちばん病気にかかりにくい体型で、標準から離れるほど有病率は高くなります。
 また、体脂肪率とも相関しています


ボクはBMI=26なので、少し肥満!

血圧正常よーーし。
さて、腹部エコー
エコー検査では肝腎コントラストといって肝臓と腎臓の明るさを比較します。
本来は肝臓と腎臓のコントラストはほぼ等しいと言われていますが、
私の肝臓は、腎臓よりも少し白っぽいんです。
これは脂肪がエコーの吸収を妨げて白っぽく見えるのです。
ということで
「脂肪肝」の診断!!
フォアグラですよフォアグラふらふら
その他エコーでは、
前立腺の肥大、膵臓、腎臓、、、異常なし!

胃カメラ、
もう、毎年7年も受けているのに未だに苦手、
でもうちの副院長の胃カメラは高速です。
有無を言わさず、「上手だねえ」といって、
一気に十二指腸まで、
そのあと、しっかり写真を戻りながら取って全部で5分もかかりません。
どうせ辛いなら早く終わった方が楽です。

噴門(食道からの胃の入り口)に、少しただれがあって
逆流性食道炎の兆候だそうで、そのままスルーですが、、、
あとは、キレイな胃袋でした。

血液検査では、GOT,GPTも昨年より下がってますし
昨年400あってヤベーっていわれた中性脂肪が
180まで下がりました。メタボでは150以上が注意されるのでまだ高いんですが、、、、


メタボリックシンドローム(代謝症候群)の診断基準
改訂NCEP-ATPIII基準(2005年)
腹囲男性90cm、女性80cm以上。
血圧130/85mmHg以上。
中性脂肪150mg/dL以上。
HDLc男性40mg/dL、女性50mg/dL未満。
血糖100mg/dL以上。
の5項目中3項目以上


血糖値が70程度。血圧も121/70で正常なので
ボーダーですがメタボの基準からはセーフ!

あとですねえ
今回は尿酸値が7.1あったんです(正常値は7.0mg/dL以下_日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン)

尿酸ってのは本来尿と一緒に排出されるプリン体の濃度を示しています。
プリン体は、細胞の核に含まれていて、ビールなんかも多いのですが、
あと、肉のとけ込んだスープなんかはプリン体の固まりです。
ビールのあとラーメン完食!とか、なべのあとのおじやが大好き!
ってのは危険です。

尿酸値が高いと発生する有名な病気が

”痛風”

ですが、
痛風発作は9.0mg/dLを越えないと出ないそうなので
「まあ大丈夫」といわれました。

ということで、ボーダーラインの人間ですが、
昨年よりよくなってまして、
体重増加に気をつけて良かった!
今年は、

もう少しやせたいと思っています。
posted by ぷーーさん at 22:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

長ホ?

1月30日
いよいよ本町の
「長ホ」社会人夜間リーグが開幕!


長ホって何????

長靴アイスホッケーの略です。
http://www.nagaho.com/


氷上の格闘技と呼ばれるアイスホッケーですが、
「長グツ」アイスホッケーは
スピードもゆっくり、
パックもテニスボール大の柔らかいボールですので、
初心者でも楽しめます。

うちの町でも社会人の夜間リーグがあります。
今年は全部で16チームが参加!
うちの病院は最古参でうちの正キーパーは
長ホチーム中最高齢で70才近い方です。
もう20年近くやっているのではないでしょうか?(詳しくは知らず)

長ホ.jpg



女性1名および女性か55才以上の男性を一人以上必ず入れて、
キーパー併せて1チーム8名で行います。

コートはアイスホッケーのリンクを用います。
いつもシーズン開幕はアイスホッケーが落ち着いた
1月末くらいから2月末くらいまででしょうか?

これから毎週2回程度1日に2〜3試合ずつ行っていきます。
病院チームの監督はなんと!ボク(名前だけね)
出来るだけすべてに参加しようと思っています。

だんだん冬に外に出るのがおっくうになってきているので、
こういう機会を逃さずにはいられないと思っているぷーーさんでした。


成績は.....?

聞かんといて
posted by ぷーーさん at 20:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

やっぱりこの町が好き

この町に生まれて、
この町に帰ってきて、
この町に家を構えて、
この町で働いています。

最近。風景写真にこりはじめました。
といっても2万円しないデジカメやケータイでですが、、、
バッド(下向き矢印)”冬の釧路川と樹氷”
kusirokawa.JPG

四季折々、
いろいろな場所で、
いろんな景色が僕たちを迎えてくれます。

町内の二つの湖
「シラルトロ湖」と「塘路湖」
今はワカサギ釣りのシーズンです。

それから塘路湖と釧路湿原、コッタロ湿原を見渡す
「サルボ展望台」

阿寒連邦と摩周岳、西別岳、
西別岳は標高は800メートルほどですが、
1000メートル町の山で見られる高山植物が群生しています。

西別岳の麓から、別海に注ぐ西別川は
今は少なくなった「バイカモ」といわれる藻が春には花を咲かせます。
ウメの花のようだから梅花藻というのかな?

1月19日からは釧路から川湯までをSLが駆け抜けます。
釧網線は釧路湿原の間を抜けていくのです。
このSL
私の街で鉄道OB達が町内の公園に大切に手入れして保存していたものです。
再び走り出したのは、
NHKのすずらんという朝ドラで復活したのがきっかけのようです。

そして、我が町を美しく見せてくれる動物たち、
丹頂鶴、オオハクチョウ、エゾフクロウとシマフクロウ
エゾシカとキタキツネ(ちょっとやっかい扱いされてますがね)

カメラを持つと、
1年中、素材に事欠きません。

一眼レフが欲しいんです。
バズーカみたいなレンズで
大泉洋みたいにぶっ放したいんですよね。
ラベル:道東 観光 風景
posted by ぷーーさん at 23:26| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

「最近の若者は」って言っていませんか?

皆さんは

「まったく最近の若者ときたら、、、、」

って言っていませんか?
この言葉、つい言いたくなっちゃうときがあるんだけれど、

この言葉
社会が形成されたときから、
どの時代でも、どの国でも、どんな人でも
共通に言っていたんでないかなーと思うのです。

結局大人になっていく自分自身は、過去の自分を忘れているし、
過去の自分を振り返っていても、時代は常に変化しているし、、、

「あまり意味のない言葉だよなー」ってつい納得してしまうんです。

それを承知であえて最近思っていること、、、
臨床実習生から感じることです。

最近の学生さんは、「打たれ弱くなった」というし、そう思います。
「あまり根拠のない自信」をもって来るんだけれど、
批判されるとすぐにかなり参っちゃってる。

あと、「自分で考える力」がよわいかな?
教科書では反論するのだけれど、
教科書から離れたことは全く考えてこられない、、、、

自分なりに分析しています。
日本が豊かになって行くに従って
子供の遊びも変わっていきました、そして少子化。
ゲーム世代、危険な公園、

だんだん、沢山の人のなかで遊ぶときに思う様にならないところや
協調しなければならないところ、そして自分たちでルールを作る独創性。
今の子供達は経験できていないなあって思います。

パソコンだってそう、ボクはカセットテープにデーターを入れる時代の8ビットのパソコンから使っています。
ゲームは売っていなかったし、そうそう手に入るもんではないので、
自分でパソコンの言語を学び、自分で遊ぶのです。
まさに、パソコンは自分の思いを表現するひとつの「ブラックボックス」だったのです。

現在の家庭用ゲーム機は違うんです。
あくまでもプログラムを作った人の「想定内」の自由なんです。

昔楽しかった「遊び」
今の子供達もきっと楽しめるはずです。
公園が子供だけでは危ないのなら、親も混ざって遊ぶのもいいのかな?

どうでしょう?

ちょっと言いたいところから脱線してしまいました。

ボクの言いたかったのは、

昔も今も人間は何も変わっていません。


ここで軍人山本五十六さんの言葉をお借りします。


     やつて見せて、言って聞かせて、やらせて見て、

       ほめてやらねば、人は動かず。

       「 話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず 」

       「 やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず 」


「今の若者は」

ってレッテル張って軽視しないで、

そう思うのなら、五十六さんのように、
私(自分)が伝えたいことを伝えてみるべきだと思います。

その中に互いにコミュニケーションが産まれて、
私たちも若い世代から学ぶことも必ずあるでしょう。

「前に進みましょう!」
posted by ぷーーさん at 20:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スピード登録&高額収入ならDPアフィリエイト

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。